虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

「天使が遊ぶ庭」 ~レンガの小道編~ 3

 30年以上 雨風にさらされた我が家の庭の土レベルは 高低が動き左右に捻じれてました。 
その為 何度も土レベルを測り直したのですが 敷いたレンガが波打ち 見栄えが悪く満足な仕上がりになりません。
 
その時期私は 連日の作業で腰痛と手のしびれに悩まされ 「気力も 体力もここまで」と レンガ200個の山の前で力尽きてました・・・。
 
幸いなことにそれから数日間  雨降りが続いて体力が回復したときに  夫から「そういえば 我が家のどこかに ”レザーポイント”があるぞっ!!と niceな一言が発せられました。 
 
「早く 言わんか~い」の言葉をゴクリと飲み込み 夫婦でグランドレベルを再々測量し直した結果 2つ目のマンホールと 奥のカーブ手前2箇所で 土地に12~13cmの高低差があることが判明したのです。
 
出来上がり予定のレンガ道の横に棒を何本か立て レンガ+5ミリの出来上がりレンガ高さに合わせて導き糸を渡し その糸に合わせてレンガを敷くことで 無事に勾配を付けることが出来て全てが解決。 
後々 勾配をつけたことで 台風や豪雨時に水が上手く流れて溜らず 結果オーライです。
 ここに至るまでの苦労を考えても 色合わせを考えるミックスレンガの敷き作業は
私にはとても楽しい作業でした。
 
~~小さな宿根草の庭に「天使が遊ぶ庭」と名付けた理由~~
私が生まれ育った実家には 亡くなった祖母が 代々霊能家系の生家が祀る駒形神社を勧請した大きな祭壇があり 三陸の人たちのために神仏を降ろして 託された言葉を伝えてました。 
2018年生家を取り壊した際に 祭壇も無くなりました。
 
その頃既に 私にも生粋霊能力があることを自覚していたのに 実家の神事を継げなかった無念さで 守護神様に問うと「形あるものは受け継がず 形の無いものを受け継けばいい!!」と伝えてくれたのです。
 
それならいつも見護ってくれる神様や龍神たちと 自宅の庭で対話しようと考えて
「どんな庭にしたら 神様と一緒にいられますか?」と 守護神様に問いかけると 上の方から「天使がーーー庭」と聴こえました。

よく聴きとれ無かったので 「天使が遊びに来る庭ですか?」と聴き返すと 苛立った声で再び上からぶっ!!」と 聴き取れなった箇所だけの訂正が入りました。

案内役の天使が遊ぶ庭であれば おのず・・・という訳で 神様の意図を汲み

『天使が遊ぶ庭と名付けました。

 
   
左側のレンガをどんどん敷いて行きたい所ですが 花壇前の右側レンガを仮置きしてから左側レンガのカーブを調整。
黒シートは 防草シート
 
イメージ 4                                                      2018・5・10
2番目の難所のマンホールと勾配をクリア。  この場所からレンガ5列から4列に変わる。
 イメージ 1                                                   2018・5・14
庭のレイアウトも変更したので チューリップが並ぶ手前1mが広くなった部分
 
イメージ 2                                                     2018・5・20
 基準糸を渡し 水平器でこまめに水平・垂直確認ながら作業が鉄則
経費節減のため 目地下部分は 左官砂を使用
 
イメージ 3                                                  2018・5・21
目地を綺麗に見せるため 左官砂の上に”珪砂”を使用。
 
イメージ 5                                                       2018・5・23
道路から見える1つ目の下水マンホール箇所は レンガの目地幅を広くしてアクセントに。