虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

北海道の春の旬を家族で味う

 北海道では新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発令されて 私はただ今休業中。

札幌市内の2次感染者が更に増加しているので お籠り生活は長期化しそうです。 

外出を避けて家にいれば 外食先が休業となり行き場に困った我が家の子どもたち家族がやって来て テイクアウトやらデリバリーを利用しているけれど その際に使用する皿やら水コップやらを用意して 幼い孫たちが水をこぼせば布きんやら雑巾やらを持参して 走り回るのはその家に住む私。

f:id:nijinoringo:20200501214522j:plain

 

 人様が作るお取り寄せ味にもだんだん飽きた私が自分の味が恋しくて 皆のリクエストに応えて餃子100個分を手動仕込みして疲れました。

その数日後息子が 格安店なので”魚をさばかない魚屋”から北海道後志地方で捕れるレアな魚・八角を買って来ました。

脂が乗った八角は焼いても美味しいのだけど 見れば鮮度が良いのでこれはお刺身で食べようとなり 「包丁を持たせたら失敗しない」私が 強面でトゲトゲ皮と細い身ごろにひるむことなく挑んで 2軒分の八角の刺し身を造りました。

f:id:nijinoringo:20200501214607j:plain

 f:id:nijinoringo:20200501214658j:plain

 お次は 北海道の春の山菜王者・行者ニンニク・別名アイヌネギの「醤油漬け」と天ぷら料理です。

「行者ニンニク醤油漬けは 冷や奴に乗せたり納豆に混ぜたり 肉を焼くときに一緒に入れる用に 湯通し処理して瓶詰めにしました。

子どもたちにテイクアウト用「行者ニンニク瓶」3軒分を作った後は 自分用に行者ニンニクが一番美味しく味わえる”天ぷら”を さっくり揚げてご満悦。

 

 このご時世でも 季節の旬を味わうための調理の腕と技は必要なので ここぞとばかりにフル活用します。