虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

「天使が遊ぶ庭」の番ニャンは 黒猫・りぃちゃん

 先月は気温が35°の日もあった北海道なのに 本日の日中気温はなんと15°。
もう片づけてしまった小さなストーブを出して 再び点火した程なまら寒い日なので お庭作業はお休みです。
 
天気の良い日の夕方は 飼い猫.りぃちゃん(13歳♀)が 私の顔を見つめて
「おかーしゃん!!お庭に出にゃいの?」と鳴きます。
「それじゃあ!! お庭に行こうか」と りぃちゃんと一緒に庭に向かいます。
 
首にリードを着けていないりぃちゃんは  私が歩くレンガの小道をトコトコ付いて来て 花の匂いを嗅いだりしてお庭を散策。
 
最初の頃 近所の人に声をかけられる度に恥かしがり屋のりぃちゃんは  家の中に逃げ込んでいたのですが 最近は渋々ながら塀の端まで行って ”番ニャン”として見事に愛想を振りまいてます。
 
黒猫で 胸が白毛の”エンゼルキャットのりぃちゃん”が庭に出ると  虹色の光が降り注ぎ 私もまったり気分で太陽のエナジーを浴びています。
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
イメージ 3


イメージ 4
 
イメージ 5

 

 ~~小さな宿根草の庭に「天使が遊ぶ庭」と名付けた理由~~

私が生まれ育った実家には 亡くなった祖母が 代々霊能家系の生家が祀る駒形神社を勧請した大きな祭壇があり 三陸の人たちのために神仏を降ろして 託された言葉を伝えてました。 
2018年生家を取り壊した際に 祭壇も無くなりました。
 
その頃既に 私にも生粋霊能力があることを自覚していたのに 実家の神事を継げなかった無念さで 守護神様に問うと「形あるものは受け継がず 形の無いものを受け継けばいい!!」と伝えてくれたのです。
 
それならいつも見護ってくれる神様や龍神たちと 自宅の庭で対話しようと考えて
「どんな庭にしたら 神様と一緒にいられますか?」と 守護神様に問いかけると 上の方から「天使がーーー庭」と聴こえました。

よく聴きとれ無かったので 「天使が遊びに来る庭ですか?」と聴き返すと 苛立った声で再び上からぶっ!!」と 聴き取れなった箇所だけの訂正が入りました。

案内役の天使が遊ぶ庭であれば おのず・・・という訳で 神様の意図を汲み

『天使が遊ぶ庭と名付けました。