虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

2019年7・8月「天使が遊ぶ庭」作業日誌

 冬の間に 何冊かの園芸本を読み込み 細くて長い「天使が遊ぶ庭」は自然の野原をイメージして レンガの小道に沿うように手前を低く(20~40㎝)して 中央は(40~70cm)位。

庭の奥に行くにしたがって高く(70~120)なるように草花を配置した ”ボーダーガーデン”にする。と決ました。

~~before ~~ f:id:nijinoringo:20191129203017j:plain beforef:id:nijinoringo:20191129203242j:plain

f:id:nijinoringo:20191129203133j:plain 

 

「ネット販売の花苗店が期間限定で 初店頭販売をする」と言うので 描いたレイアウト図を持参して 花色や葉色・形等を考慮して選びました。

 

7月中旬 ボーダーガーデンらしい風情が出たころ 計画的に植えた草花たちに遊び心が感じられず 庭作業をする私が閉そく感を抱いてしまい 楽しくなくなったのです。 スランプに陥ったのです・・・。

 

思ってもいない展開で この庭なら「自由闊達な天使が遊び来ないかも・・・」と考え頼りにしていた園芸本を一旦脇に置いて 自分のバランス感覚と感性と インテリア・ディスプレイor第三者目線を活かして まずは”庭の主”である私が楽しめる庭にしようと 花苗の大方を植え替えしました。

~~after~~

f:id:nijinoringo:20191129203339j:plain

植え替え終えて間もない7月29日から 札幌は68年ぶり10日連続の真夏日に。

想定外の暑さでダメになった宿根草の話を 周りの人たちからも聞いたのですが 毎日ドキドキしながら 朝夕にたっぷりの水やりをしていたら お値段高めだけれどその分丈夫な花苗たちは 一株も枯れること無く持ちこたえてくれました。

 f:id:nijinoringo:20191129204255j:plain

f:id:nijinoringo:20191129204326j:plain

f:id:nijinoringo:20191129204453j:plain

f:id:nijinoringo:20191129204400j:plain

「7月末刈り取ったラベンダー」 f:id:nijinoringo:20191129203650j:plain

「7・8月に植えた宿根草」    f:id:nijinoringo:20191129203452j:plain f:id:nijinoringo:20191129203537j:plain

 

~~小さな宿根草の庭に「天使が遊ぶ庭」と名付けた理由~~

私が生まれ育った実家には 亡くなった祖母が 代々霊能家系の生家が祀る駒形神社を勧請した大きな祭壇があり 三陸の人たちのために神仏を降ろして 託された言葉を伝えてました。 
2018年生家を取り壊した際に 祭壇も無くなりました。
 
その頃既に 私にも生粋霊能力があることを自覚していたのに 実家の神事を継げなかった無念さで 守護神様に問うと「形あるものは受け継がず 形の無いものを受け継けばいい!!」と伝えてくれたのです。
 
それならいつも見護ってくれる神様や龍神たちと 自宅の庭で対話しようと考えて
「どんな庭にしたら 神様と一緒にいられますか?」と 守護神様に問いかけると 上の方から「天使がーーー庭」と聴こえました。

よく聴きとれ無かったので 「天使が遊びに来る庭ですか?」と聴き返すと 苛立った声で再び上からぶっ!!」と 聴き取れなった箇所だけの訂正が入りました。

案内役の天使が遊ぶ庭であれば おのず・・・という訳で 神様の意図を汲み

『天使が遊ぶ庭と名付けました。