虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

黒猫夢々君 熱中猫になる

イメージ 1
 いつもよりおとなしい夢々君の頭に手を当てた娘が、「熱があるみたい」と言いました。
試しに保冷剤を乗せると、気持ち良さそうにジッとしている。
 
黒毛皮で日の当たる部屋で 昼寝してたからかな~
13歳のおじいちゃんだから 体が弱ってるのかな~
私が 気仙沼から無事帰って 安心したのかな~
 
色々考えてみたけど 本当に猫も熱中症になるのかしら?
イメージ 2
  ※おまけの大画像 
  保冷剤を離したくないので顎の下へ
イメージ 3