虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

父は 気仙沼に帰りました

 本日は 震災から7ヶ月目です。
 
震災の被害が大きい地区は 建築制約やら危険地域指定等のハードルが高くて 復興が全然進んでいません。
既に発表されていた 「2年間の建築危険指定地域」より年月を要する 今回の「復興計画案」に戸惑う人が 私の周りに沢山います。
 
何より生活の糧を得る 産業や生産工場地域の復活も 足踏み状態なのが残念です。
 被災して瓦礫が残る町に 82歳の買い物難民の父は 「一人で暮らす方が気楽と」 我を通して戻りました。
 
 このまま一緒に住むものと思っていた 私の家族は「なんだかな~」と複雑な気持ちですが、老いたことを自覚した父が 自分から「誰かと一緒に暮らす」と思うまで 時間が必要だ。と思って自分の気持ちをなだめました。
 
2週間滞在中の楽しい思い出と一杯の写真を持って 元気に飛行機で帰りました。
沢山の楽しい思い出がある人は 一人で過ごす時間も楽しめるのかもしれません・・・。
家族それぞれの生き方があり 親のことだけでなく人生の折り返しを過ぎた自分の人生も大切にしたいです。 
 
大好きなB’zの曲~まだまだまだ盛り沢山LIFE 幸も不幸も「EASY COME,EASY GO」で 行きます!!
イメージ 1