虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

気仙沼・大川の桜だより

 母の命日が桜の開花が遅い年に 帰省したときに 気仙沼に住む2人の親友と市内の桜の名所・大川で タイムミングが合えば「お花見」を楽しんでいました。
 最初の「お花見」は 大川沿いの魚市場後ろにあった公園でした。
 
2010年5月3日の2回目の花見も 大川の少し奥で コンビニ弁当と缶ビール1本の ささやかな宴だけど 楽しいものでした。
 
その年3回目のお花見は「いつできるのかしら?」と 語り合って故郷を後にしました。
 
昨年3月11日 気仙沼が東日本大地震に被災して 私達がお花見をした場所が瓦礫置き場になり 3人それぞれが心を痛めてました。
 
大川近くに今年 別な同級生が引っ越したので「今年の大川の桜を送って!!」と お願いしました。
 
桜の花を一緒に眺めた親友2人は気仙沼を離れ 新しい土地で 新しい桜に出逢っています。
きっと同じ想いでいるから親友2人にも 「大川の満開の桜」を送ります。
 
イメージ 1