虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

桜だより2  ~気仙沼~

 昨日の午後 札幌の桜の開花宣言が出されて 早速私は 勝手に定点観測している桜の木の元へ行ってきました。
 
北海道に珍しい 薄ピンクで小ぶりな「ソメイヨシノ」は 桜の木の持ち主の先代が、 この種類が気に入り 本州から取り寄せて植えたという桜の木です。
イメージ 1
 
昨年の桜の時期は震災直後であり  何の花も目に入らず 季節だけが通り過ぎたので 2年ぶりの桜を 気仙沼の友人達とメールでやり取りして 堪能しています。
 
咲かない桜の情報は 気仙沼の幼馴染みからです。
3月に気仙沼に帰省した折 「桜が咲いたらも素晴らしいエネルギースポットとなる」と期待していた 魚市場後ろの浮島・弁財天の桜がそうでした。
 
イメージ 2
 周辺の地盤が地震で沈下し 冠水している様子が画像で見えるでしょうか。
 この土地一帯は 津波の被害が最も大きく 被災した方々がヘリコプターで救出された場所でもあります。
一帯の土が塩害になったかなと思っていますが 1年過ぎても被災の影響は こうして残っています。 
4月1日 浮島   http://blogs.yahoo.co.jp/applejikan/22929277.html
 
人が歩いて根元の土を固くするのもいけない程 桜の木はデリケートな木と聞いていますが 気仙沼の漁業に関わる方々を元気づけるためにも 是非咲いて欲しいこの場所の桜です。