虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

2012 サイマー ジャパンツアー   ~in札幌~

 今年3月11日 気仙沼に滞在して「魂の約束」を果たした私の 体力と気力の消耗は激しく、見かねた年上の友人が「5月にインドの人道活動家サイババさんの一番弟子の サイマーさんが札幌初来日するから エネルギーを貰いに行こう」と 誘ってくれました。
サイババさん」って誰?
「サイマーさん」って誰?
「ダルシャン」って何?  
と問う程 それもあれも何も知らない私が せっかくならその方のエネルギーを近くで貰いたいから ボランティアをすると決めました。
 
*ダルシャンとは 偉人や聖者の恩恵を得られるエネルギーレベルの交流で、覚醒した聖者が、人々に与える高い波動の感じ方は 各人によって様々だそうです。

昨年日本に大きな震災が起こり 心を痛めたサイマーさんは 昨年5月に札幌で講演を予定していたのですが 師であるサイババ様が危篤になり 講演は中止となりました。
 
今回東京と札幌の2会場の参加費無料のサイマーツアーでは 参加者全員がその人に本当に必要な波動の「ダルシャン」を 贈られるとのことでした。
 
聖なる母「聖者サイマー」の存在を 参加の方々は良く知っている様子なので 私は大人しくダルジャンの列に続きます。
 
私が聖者サイマーに目を合わせて合掌し ダルシャンを受けたときです。
 
私  「昨年3月11日の震災で 私の生まれ故郷は 消滅しました。私は被災した方々と土地に 光のエネルギーを分けるため ここに受け取りにきました 」とお伝えすると サイマーの慈愛の目が 大きく見開きました。
 
サイマー様 「あなたの悲しみを今日から 私も一緒に背負います。どうか一人で背負わないで下さい。私はあなたであり あなたは私であります。 皆が家族であります」と・・・
 
大きな孔雀の羽根で私の体を撫で そしてハグした後「あなたは間も無く 皆に光を分けられることができます」と 人の未来エネルギーを読むことができるサイマーが 通訳のデェークれい子さんを通して 伝えて下さいました。
 
私はあの場面で とっさに口にした言葉の意味をかみしめています。 ありがとうございました
イメージ 1
 
※ 5月13日 札幌市民ホールのステージに飾られたの花が サイマーの好意で私達スタッフにも配られました。