虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

ハッピーバードの青い鳥

 日課のように雪かきをしている私・虹りんご
が 鳥のさえずりで空を見上ると 2羽のヒヨドリが玄関に飾ったサンキライリースの赤い実を ついばみに来てました。
 
これで 階段にサンキライの殻がいつも散らかっている理由が解りました。
 
 
 先日行った明治神宮の宝物殿前の池付近に バードウオッチングで集っている人達を「近くに珍しい鳥でもいるのかしら」と通り過ぎる私の目の端に 首に巻いたマフラーと同じ青色がサッと入りました。
 
それは3M先の桜の枝に止まった青色と金茶色の鳥で 貫禄ある綺麗な鳥の出現に カメラを出すのも忘れ一人で見とれていました。
 
 美しいブルーの鳥の名前を知りたい私は バードウオチング中の方に 出がけに迷って決めたマフラーを指差して「この色の鳥は何と言う鳥ですか」とお尋ねし 「それは雄のカワセミで 日本で一番美しい鳥です」とを教えて頂きました。
 
前に写真でを見たカワセミは 川にスーッと飛んできてサッーと餌の魚を採るスリムな鳥だったけど 今回のカワセミみは丸くて貫禄がゆったりしてました。
 
イメージ 1
 
まさか東京のド真ん中の明治神宮の森に カワセミがいるのも信じられないけど ここで出逢うとはサスガ私・虹りんご
だと 悦に浸ってました

 
 
明治天皇御料の黄櫨色とマフラーと同じ青空色のツートンカラー「カワセミ」がウエルカムバードになって 「私を出迎えしてくれたのかしら」と思うだけで超HAPPYです
 
イメージ 2