虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

小樽 ミルク・プラント

 先日家族皆で 小樽にお墓参りに行ってきました。
 
お互い仕事が忙しくて会わずじまいの息子夫婦には お盆とお彼岸 そして法要のときは「なるべく都合をつけてね。」と頼んでいます。
 
私・虹りんご
には 夫の大豆さんと結婚して数カ月後 夫の養母から「長男だから」の一言で  既に亡くなっていた両親の仏壇や位牌・檀家料等全てを ある日突然に託された苦い思い出があります。
 
 
東北から嫁いだばかりで世間を知らない若い虹りんごは 北海道で神仏祀る風習の作法も知らず 困り果てました。
 
神仏を祀る際の不手際や滞りで 家内に災いやサワリが起きることも 実家の霊能者の祖母を訪ねる人達から学んでいたので 余計に戸惑いました。
 
かといって 神棚とご先祖様を粗末にすることは もっとできませんでした。
 
 
その日以来 我が家の神仏祀りは気仙沼風となり 昨年仏壇を買い替えて夫の生母の50回忌を無事納めて まずは区切りがつきました。
 
親心で息子夫婦には 虹りんごの様な想いはさせたくないのですが 息子夫婦がどこまで受け入れるか未知数です。
 
「次世代に伝えたい!!」の意志表示はしているので お墓参りが済めば久しぶりに家族全員が揃った食事会になります。
 
イメージ 1
 
 
小樽・ミルク・プラントは菩提寺より車で5・6分の場所にあり 夫の大豆さんの幼い頃から地元の人に愛されている 保証牛乳系のソフトクリーム屋さん。
 
 
店内にはお祖父ちゃんお祖母ちゃんに見守られて 孫達が大きなソフトクリームを美味しそうに食べていました。
イメージ 2
                                                        ※ 一口食べてしまった北海道バニラとメロンミックス

  
 
そう言えば気仙沼の祖母も両親も ご先祖様のお墓参りをした後には 本家や分家の集まった孫達にご褒美と称して好きなものを食べさせてくれました。
 
気仙沼・魚町にあった「松仙飯店」の餃子。 「丸光や藤崎デパート」のソフトクリーム。 
権兵衛の味噌ラーメン。
 
「仁」のあんみつ 向いの店の「マンボ」のラーメン。鹿折の「浜の家」のそば。
 
 
震災前に無くなったお店や 震災で無くなった店などいろいろですが 伝えられない味になりました・・・。