虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

感謝の気持ち・・・

  今のインテリアの仕事の採用時に 健康と気持ちの若さはOKでも 年齢がオーバーしてて 独学合格4年目の実務経験無しの私・虹りんご
の仕事先を紹介してくれた恩人に 8年目を迎えるにあたり 
菓子折と新製品のカタログを持って ご挨拶に行ってきました。
 
 
恩人は採用の審査に私と もう一人、30代半ばで 有名会社勤務の経験があり 建築2級士で美人の方が残ったとき「決めたことは最後まで やり遂げる人だから大丈夫!!」と 会社のボスに強力に私を推してくれたました。
 
当の本人が 「これは無理かも!!」と思う程 最強なライバルでしたが 決まったのは私でした。
恩人の「大丈夫!!」の一言が ボスの心を大きく揺さぶったようです。
 
入社を渋ったボスが 震災直後故郷・気仙沼に住む父の元へ通うことを考えて 仕事を辞めると云った私をを引きとめたのですから 以外でした。
 
 
真面目に頑張っていると ギリギリボーダーラインで思わぬご褒美
を頂くことがあります。
虹りんごは そんな経験から人様から無謀と思われるアラフォーアイドルにチャレンジ応募して 合格したのですから
 
人生 何が起きるか解らないし 何が起きてもおかしくないのです・・・

 
 
 
 
 
イメージ 1