虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

別れの朝

イメージ 1
                               ※ 共徳丸解体後の 元鹿折唐桑駅前  2013・10・31

仙台行きのバスに乗り、札幌への帰路についてます。

今の所足腰が丈夫で 「病気無し」の報告を 直接父担当のケアマネージャーさんよりお聞きして 一安心。

これから何んにも無くなった鹿折の町で、我が父はのんびりと気楽に、生きて行くと思います。

またいつか 私・虹りんごが気仙沼に帰省するときは、鹿折とと云う名の全く別な町…


私が生まれ育った故郷「鹿折」にありがとう !!

そしてさようなら !!