虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

フィリピンへ緊急援助

 昨日の新聞朝刊に フィリピン台風緊急援助の広告が載り 被災後も水や物資やが届かない現状を心配していたので 早速郵便局に行ってきました。
 
イメージ 1
 
先月の今頃 研修で行ったフィリピンには親日家が多く 大きな空港があるフリピン中部・セブ島でさえ住宅環境の整っていない町並で 海岸からは平坦な地形が続くのです。
 
先月「セブ島地震津波が襲ったら 逃げる場所が無いね!!」の会話をした程 その様子が解るので 台風の風速100mや高潮で破壊されたレイテ島・タクロバンの家屋被害が 東日本大地震よりも 上回ることを想像してました。
 
被災後 水や食料の供給も無く衛生環境が悪化し 気温の熱い中 ご遺体もそのままであれば疫病等が発生し 犠牲者が増すこと危惧しています。
 
イメージ 2
                                                            ※ フィリピン中部・マクタン島市内 2013・10・11 虹りんご撮影                                        
今回私・虹りんごは 被災地に物資を送ることより 「生き残った人達の命を救いたい
」と 考えて寄付金を振り込みしました。
 
・3000円の寄付で 基礎医療キット40人分
・5000円  〃   災害対策キット10人分
 
今できることを お手伝いしたい!!そんな想いを小さくても形にして・・・
 
~~~~~寄付のお申し込み先~~~~
 
・郵便口座 00190-6-566468
 通信欄に「ADO1304」 又は 「フィリピン台風緊急援助ADO1304」と ご明記下さい。