虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

懐かしい友

 昨日は 7年ぶりに連絡を貰った10歳年下の友人・Y子さんと会食してきました。
 
年明けに 震災の痛手が癒えて「新しいことにチャレンジ」すると私・虹りんご
は宣言しましたが 
このタイミングの再会がとても不思議~
です。
 
 
私が友人Y子さんと最初に出逢ったのは15年前に 知らずに受けたインテリアコーディネーター2次試験対策用パース講座でした。
 
講座後半には受験を終えた他の受講生が来なくて 私とY子さんだけが残りました。
成り行きで 講座最終日に「お茶でも飲みましょうか」と約束したのですが 当日Y子さんは欠席しました。
 
 
連絡先も知らず半年過ぎた頃 講座の事務窓口より 「Y子さんがあなたの連絡先を知りたいと言ってます。」の問い合わせがありました。
 
同じ想いだったので数回お会いしましたが なんとなく消滅・・・
 
次にY子さんと偶然会ったのは12年年前で お互いが受験していたインテリアコーディネーターの試験会場でした。Y子さんが 出口で声をかけてくれました。
 
私は4年目でどうにか試験に合格し Y子さんは夢を果たせずのままでした。
資格取得後 私の仕事先にY子さんが来てくれて「これからは建築士の学校に通う」と言ってました。
 
「頑張る女性~」の印象で それが7年前です。
 
年賀状のやり取りだけは続いていたのですが 昨年12月初旬突然私の携帯にY子さんから「こちらは虹りんごさんの携帯ですか?是非会いたいです」の連絡がありました。
 
震災以来人に会うことに気遅れしていたので 「年明けなら・・・」という感じでした。
 
 
 
現在Y子さんは建築士&マンション管理の資格を取得して リフォーム会社を設立してご活躍の様子です。
 
「虹りんごさんのインテリア&ディスプレイ資格とセンスを活かして これからインテリアスタイリストとして活躍して下さい。」と背中を押されました。今年4つ目のテーマが出現です。
 
 
3つ目のテーマは1月5日に別な友人より貰っています。後日UP・・・
 
ここに来て色んな方々から私をお引き立て頂き嬉しい半面 今の私にそんな気力と能力があるかしらの気持ちが半分です。
 
一旦途切れた縁を結び直しても再会した方が言う言葉ですから この流れに身を任せるのも面白いかもしれませんね

 
 
 
イメージ 1