虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

映画 「永遠の0」

今更ですが 百田尚樹原作の映画「永遠の0」を観てきました。
 
イメージ 1
 
あらすじは 太平洋戦争時ゼロ戦の特攻隊員として死んだ宮部久蔵という祖父の人生を知るために 孫二人が辿るルーツ探しの物語です。
 
三浦春馬が演ずる一応弁護士を目指している本気度が足りない若者が 臆病者と誹られても戦場で命を大切にして 日本の未来を次世代に託した祖父の真意を知り 自分達が命の伝承を受けた者であることに気づく内容でした。
 
お正月を一緒に迎えた息子・空豆夫婦がこの映画を既に観ていて 最初から終わりまでジ~ンとしてぐずぐずだったのは息子の方で その妻・空りんごちゃんは 夫・宮部が戦地に出向いた後の妻(井上真央)と幼子に わが身を重ねたせいかあまり泣けなかった。と云ってました。 
 
 
リアル過ぎるゼロ戦の戦闘場面を撮った山崎監督も 宮部役の岡田准一さんも良かったのですが 私・虹りんご
は上映の間「戦争は嫌だ。戦争なんか嫌いだ。やっぱり戦争映画は嫌いだ~。」と思って観てました。
 
 
時の権力者や男性主権の世の中が間違った方向に傾くと 巨大な渦の中で国民は勝利の幻想を見せられて ただ翻弄される理不尽さに泣きました。
 
イメージ 2
 
 
考え方の違いなんて沢山あるし 物ごとの勝ち負けもよくある話だけど 国と国が争えば人類は多くの命を失い 大きな代償を支払うことになる・・・。
 
命とはたった一つしかない鎖のパーツのようなもので その鎖のパーツを失えば 脈々と繫がるはずの鎖が途切れてしまう。
 
長い長い「人類の命の鎖」を繋げるために 私は「世界の平和」を望んでいます。