虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

行動する作家 林真理子さん!!

 本日は 東日本大震災から 2年11カ月。
 
首都圏での数日の雪害混乱は雪に慣れていない都会の方々には 大変な状況だったと思います。
お疲れ様でした。
 
札幌もこのところ毎日雪が降るので 私・虹りんご
は定期的に朝夕雪かきして 空いた時間は読書

の日々。
 
    ~~~~~~~
~~~~~~~~~~
~~~~~
 
AKBメンバーとの対談の様子をチラっと見てて
 なんで林真理子さんが今頃自分の本に挑発的な題名を付けたのかしら。と思って購入したのが 「野心のすすめ」
 
中味はサクセスストーリーで辛かったこと調子に乗った頃の話とかで 最後のページに女が精神的に自立して生活することや 自分の意志で伴侶を得ること子どもを産むこと 自分で選択して決断する気持ちの強さのこと等を書いてました。
 
イメージ 1
 
 
それにしても今更のなぜ”?”マークは残ったままでしたが もう一冊の本を読んで理解できました。
 
「”あの日のそのあと”風雲録」は 「週間文春」に長期連載されてるエッセイ「夜ふけのなわとび」の2011年1月~2012年1月のものです。
 
他の作家や文筆業の方々が 日本の未曾有の大震災を語るとき 自分の思考の分岐点になったとか 自分の価値観が変わったとか とてもクールに綺麗に表現してくれてます。
 
 
生まれ故郷の気仙沼・鹿折地区に震災が起きて 独居の父に連絡がつかないと知った瞬間から 我が身の心身のバランスを身を削って保ち 次の場面に備えて対策練っていた虹りんごには ナイーブすぎる作家の心情が負担でした。
 
時代の流れに上手く乗り文壇に長く活躍して 女の人生を説く林真理子さんが震災から原発事故までのあの時期を どんな気持ちで暮らしていたかに興味がありました。
 
たぶん林さんの作品は 軽いエッセイから歴史小説まで9割は読んでいると思いますので・・・
 
 
林さんは作家としての知名度をフルに活かし 被災地に何度も足を運び 炊き出しやら仲間と支援金集めのチャリティーを開いたりと 有能なボランティアとしてパワフルに動いていました。
 
この時期だからこそと被災した子ども達のためにスクールキャンプやセミナーを開き 被災した産業の橋渡しもしてました。
 
被災直後は口出ししてもお金も手も出さない人が沢山いた中で まさに「野心を持って世間で有名になったお陰で 非常事態のこの様なときにとても役に立ちました!!」を体現しています。  
 
 
「ルンルン買ってお家に帰ろう」から 自分を見つめて成長し続けた林真理子さんは 立派な大人の女性になってました。