虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

震災から3年。今だから・・・

東日本大震災のことは私の場合 忘れたくても 忘れられないだろうから その辺は無理をしません。
 
でも被災後の余波で 未成熟な母親の代りに 愛情を注いだ者達からの仕打ちは痛かった~。
 
 
その傷心の日に 被災した気仙沼友人を避難先の塩釜まで訪ねて 友人宅の瓦礫の中から発掘したワインで 「3ケ月ぶりのお酒を あなたと飲めて良かった~」言われて 2人で乾杯したこと。
 
「生きててくれてありがとう~」って 有り合わせのコーヒーカップで飲んだワインの味は忘れません。
 
 
そのときの友人撮影の写メが 私
の「人生最大の笑顔」になるはず・・・

 
 
 
札幌に戻り一部始終を聞いた 夫・大豆さんが
「自分達は恩を忘れた側では無く 忘れられた側。それ以上自分を責めることはない!!」と言ってくれて有りがたかったです。
 
大切なものと そうでないものを手放す機会でもありました。
 
風呂場&トイレ用品を新しく買い換えて お部屋と気持ちのリノベーションを実行中
 
           ※「リノベーション」とは、本来の性能以上に新たに価値を付けて再生させること