虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

美幌・龍神社 ~ご神木~

 美幌神社には 美幌出身のHさんの案内で ご参拝に行きました。

自分の能力を活かして 「この土地を守るお役目をしたい!!」というHさんが 今回の神様お役目のメイン者であり 私は立会人に徹する。と事前打合せが済んでました。

しかし境内の御神木に挨拶をした際 「龍神社」以外の御霊の願いも聞いて欲しい。」と言われれて 「あれっ!? 話が違う・・・」と思ったのですが 私のエネルギー容量が限られているので その枠に入れる志高い方だけなら・・・」と丁寧に答えました。

神様からは 霊的容量の大小が一目瞭然で解るようで 霊的能力が高くて純度の良い私に 依頼の声掛けがありましたが 生身の身体で準備が万全でないときに 担当外の”御霊上げ”を引き受けることは 普段の何倍も体力が消耗して とんでもない目に合うことがあります。

当日の参拝時  低級霊が見えるHさんは大量の無礼な御霊の恐れをなして 気持ちが萎えて自分の能力を使うことなく立ちすくんでしまいました。

 予定外のことが私の身に起こってしまいましたが 生粋の霊能の家に育った私は修羅場に強く 何とか自力で阻止しました。
 

                                              

 私には慣れていることでも  神様お役目をご一緒する霊感のある方や 優しいヒーラーさん方には 「終わった後は 体調を崩さないように 身体メンテナンスと調整を ちゃんとして下さい」とお願いしています。
 
それなのに本日 Hさんから「体調不良」のメールが来て 気の毒やら心配やらでしたが 聞けば翌日波動の低い方をマッサージ施術をしたようです。
本人はそのことが不調の原因とは思い当たらな程 自分の能力を過信していたようです。
 
こういう場合でも 上の存在の方々からご忠告を受けるのは 霊格の高い者で 低い霊格の能力者のHさんには 何も伝わっていなかったようで 気づきのタイミングすら見逃してました。
 
Hさんのお役目分は残してますから 体調が回復したらゆっくり 土地のために続けて欲しいです。
 
 
                                  ~共にshining

人生
を~