虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

映画 ~「繕い断つ人」~

 この映画を観たのは少し前で テレビや新聞でイスラム国の人質解放のニュースが 朝から晩までどのテレビチャンネルも 例のシーンを繰り返し報じていた頃です。
 久しぶりに観る映画はよけいに 「ま~ったり気分のもの。」と思って選びました。
 
ストーリーは 
神戸の高台にある祖母の代から続く「南 洋裁店」は 町の人達の一生ものの洋服を仕立てていました。
洋裁業を受け継いだ孫の”市江”の仕事は 偉大な祖母が請け負って仕立てた 服の直しやサイズ直しだけ。
 
そこに大手デパートの洋服売り場の若者が 市江のオリジナル服をブランド化しようと日参してきます。
 
 
特別の事件もエピソードも何も起きず 街の子供達は成長し 年老いた者は亡くなる・・・。
日々の移ろいの時間が 丁寧に描かれてます。
 
過ぎて行く時間の中で~職人が作った洋服は 半永久的に残り 周りの人達を幸せにすることができる!!~そのことに気づいた市江は 自分のデザインで ある人のために洋服を作りました。 
 
自分の人生を生きるために 好きな仕事に誇りを持って携わる ”市江役”の中谷美紀さんのミシンを踏む穏やかな表情が 世知辛いこの時期にとても美しく見えました。
私の好きな 手作業の世界の話です・・・
 
 
繕う断つ人公式サイト→http://tsukuroi.gaga.ne.jp/
 
イメージ 1