虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

復興に捧ぐ

 震災から4年8カ月の11日。
 
夢のお告げで視た「黄金龍神が天空に上昇するご神事」に導かれ 2005年の初巳大祭に霊島に渡ったとき 神縁により神社の境内で出逢ったのがMさんという当時氏子総代の方でした。
 
以後神様とのことを語り合う素敵な交友が続き 震災の前日3月10日2時46分前後に 「お誕生日おめでとうございます!!」とMさんに電話を入れてました。
 
震災から数か月後Mさんは 「余生を神社の復興に捧げると」言って被害の大きかった金華山島に渡りました。
そしてそれは震災前に 金華山黄金山神社を護る黄金龍神様から 私を通してMさんに伝えられたメッセージでもあります。
 
いつも大自然の中で”人間は生かされている”と謙虚に語るMさんの言葉や姿を 次世代の人達に知って欲しいと願ってました。
 
Mさんが語る霊島・金華山の魅力 →  http://youtu.be/tdLzfv_Qgr4
 
イメージ 1
 
 
~終わらせない復旧作業〜震源地に最も近かった島金華山〜のクラウドファウンディングぺージ
こちらへのご協力も宜しくお願いいたします。

https://readyfor.jp/projects/thisisapen-kinkazan