虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

黄金龍神からの不思議な伝言

 ~ 前回の続き~
 
先日の11月11日に 夢のお告げで視た「黄金龍神が天空に上昇するご神事」に導かれ 2005年の初巳大祭のとき霊島に渡った。
とあっさり書きましたが 金華山の島に渡るまで3年の道のりがありました。
 
繰り返し視せられる津波やら東の海やら 恐竜みたいな龍の姿やら言葉の”謎ピース”が次々と現れて 一つづつ謎を紐解いてピースを繋ぐ。。。
「もしかしたら”あの島にあの龍神”がいるかも・・」の思考にたどり着くまで1・2年かかりました。
 
私を呼ぶ龍神様が棲む場所がおおよそ見当がついたころ 長患いをしていた母が亡くなりましたが 神様ごとなので喪が明けるまで更に1年を空けました。
 
母が亡くなったのは初巳大祭の期間中であり その2年前の同じ時期にも母の命と見えない存在との攻防戦があり 私が”誰かに呼ばれてる”気配はその前から察していました。
 
 "リアルなご神事映像"を視たのは 母の葬儀を終えてひと段落した6月末で 寝ているはずの私の意識が「これって ご神事!? 私が一人が視て良いの?」思ってました。。。

 

母の一周忌を終えた2005年5月。
「夢で視た光景は 果たして現実なのか。その島で何が行われているのか?」ただそれだけを確かめたくて 好奇心の強い私は島に渡りました。
違っていたら 「霊能家の血筋に生まれても 祖母の資質が私には隔世遺伝で伝わっていなかった。」それはそれで 今後の人生の安心材料になるのですから 島に行く意味はあったのです。
 
当日境内で当時氏子総代だった三上さんに 夢で視た内容をお話しすると 「それは日本唯一 金華山黄金山神社だけのご神事です」と教えて頂きました。
 
 
先日新しいエネルギーの流れに変わった今。
”黄金龍神との始まり”を具体的に記したのは 生粋の霊能の家に生まれ育ち 見えない世界に薄々予備知識がある私でさえ 常に半信半疑な体験不思議旅でした。
この先他の人達の身に同じようなことが起きたら より戸惑いが大きいかと思いました。
 
神様という見えない存在はとても大らかな存在でもありますが 情報公開の時期が早かったり 秘密事は 人の都合などお構いなしに書いた記事を消去します。
 
昨日11月12日AM4時46分 ベルも鳴らさず非通知で着信履歴だけ残した早起きの方は”何”の用事があったのでしょうか・・・。
 
イメージ 1
 
その数時間後 我が家の柱に突然現れた”虹の鱗”の方は ”何”を伝えたかったのでしょう。  
イメージ 2