虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

不思議な伝言へ 「アンサー」

 ~前回の続き~
 
 黄金龍神に呼ばれたときの様子をUPした翌日 早朝の非通知の着信履歴と ”虹の鱗”は「誰かが 何のために発したお知らせかしら?」と気になってました。
 
かと言って瞑想をしたり ハイヤーセルフと対話することが少ないので 日曜の朝の睡眠をま~ったり楽しんでました。 
 
6時から6時半の時刻だったと思います。 
夢の中で 私のガラケー電話がバイブで振動してました。
 
夢を見ていることを自覚する明晰夢にも慣れているで ”これは明晰夢”だけど 気にしていることの答えを教えてくれる電話」だと知っていて 出たのです。
 
相手は 40代位の知らない男性の声。
「あなたは”早朝の非通知電話や 虹の鱗のこと”を気にしてますが 今考えなくてもいいのではないですか。 誰が 何の意味をもってそうしたか。を知るときが来ます。
待てばよいだけです」と言うのです。
 
「自分の考えでは あなたは神様と自分との関わりを具体的に書き過ぎたと 一見神様達を気遣っているようにしていましたが ”神様とのことを書きたい要求がある。または書き記しておきたい。”の気持ちが あなたの中でくすぶり残っているのではないか。」と語ったのです。
 
家の中では エサが欲しくて鳴く愛猫達が声が ハッキリ聞こえてます。
 
声の主はたぶん出逢った頃 守護神様の”お使い”メッセンジャーとして毎朝4時に通ってきた スタイリシュな黄金龍神様。
早起きが苦手な私が「もっと遅い時間にメッセージを届けて~」と抗議した”夢のお告げに登場して以来のお付き合いがある霊島の神様と思います・・・・。 
 
その男性の言葉で 私は自分の本当の気持ちを知りました。
2012年1月 金華山のお役目を卒業させられた私は 失望の中二度目の”夢のお告げ”に導かれて別な神社へ辿り着くのです。。。