虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

黒猫・りぃちゃんの さびしさ

 瑠璃色のレアなミヤマカラスアゲハが 結婚のために荷物を運び出す前夜に 娘の元に舞い降りた。 
その意図を察した娘は 早朝にVIP級のメッセンジャー・バタフライ様の旅立ちを 一人で見送りました。
 
不思議なことが頻繁に起きて そのことに慣れている我が家の人間達は 「神様達のお計らいだね~。」と受け止めていたのですが エンゼルキャットでヒーラー猫のりぃちゃん(10歳♀)は 何故かその夜一度も玄関に顔を出さず 居間で寝ていました。
 
いつもなら神様オーブを玄関先で出迎え 庭に現れる虹玉を転がして 一緒に遊んでいるのにです。もしかしたらメッセンジャー・バタフライのミヤマカラスアゲハが 我が家に訪問することを 事前に知っていたのかも・・・。そんな気がしています。
 
その日から荷物が少しづつ荷物が運びだされて ガランとした大好きな娘・姫りんごの部屋で りぃちゃんは戸惑っています。
イメージ 1
人間なら「近くに引っ越すだけだから いつでも会えるよ・・・」が 理解できるのに りぃちゃんは意気消沈したまま椅子の下に隠れてしまいました。  健気なその姿が胸を打ちます。
 
イメージ 2