虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

只今  黒猫キャト・シッター期間中

 近所に住むヨガ友人が 生まれ故郷のハワイ・ヒロ島に 自分達夫婦と娘・息子夫婦に孫達の全員を連れて 一週間程里帰りするということになりました。
 
そこで「1歳の黒猫の面倒を 見てくれないか?」と 黒猫友だちでもある私に 白羽の矢が立てました。
「預かり中に 何かあっても責任は取らないけどそれで良いなら・・・」と気持ちよく引き受けました。
 
我が家の初代黒猫・チビちゃんは 年上の友人(故人)が ネパールに嫁いだ娘さんに会いに行くので 毎日外の皿に餌を入れて欲しい」と言われ  11月の北海道で14歳の猫を 外に放り出す非情さに みるにみかねて 家族で面倒見ているうちに 情が移り そのまま引き取りました。
 
4年後に腕の中で 綺麗な婆ちゃん猫のちびちゃんは 天寿を全うしました。
そのときから黒猫の神秘さにみせられて 黒猫二代目・三代目と続いているのですが・・・
 
そのヨガ友人も 黒猫・ちびちゃんの元飼い主と知り合いなので 経緯を知った上で私に依頼したのだと思います。
最初は”黒猫2匹+一匹=三匹”になるだけと 楽に考えてました。
 
しかし我が家の居間で 18歳の老猫夢々君(♂)と熟猫10歳りぃちゃん(♀)の3匹が初顔合わをした際 成猫になったばかりの預かり猫”るびちゃん”が 先輩猫の迫力に押されて委縮してしまい 悲惨なことになりました。
 
お蔭で先輩猫の飼い主である私まで 嫌われるようになりました。

イメージ 1

仕方がないので ヨガ友人宅で一匹で留守番を頑張”るびちゃん”のために 私が毎朝早起きして朝ごはんととシッコ それとおやつのお世話に通っています。
 
お土産は 最高級のコナ珈琲とのことです。