虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

闘病犬コーギー・ビッちゃん

 こちらの美形ウェルシュコーギーは ママ友のナナちゃん家の愛犬です。
 
イメージ 1

名前は ビスケットちゃん(12歳♀)
前犬の名前がたクッキーだったので 「次の犬はビスケット!!」と 単純明解な理由でナナちゃんが あっさり決めました。

前犬は 二世帯同居の1階で 旦那さんの両親が飼っていたのですが そのとき既に高齢の犬好き舅と姑の手伝いで  散歩担当はいつもナナちゃん。

12年前にその犬が亡くなり 舅と姑は  「自分達の年齢では もう犬は飼えない」とすっかりしょげてしまいました
そんな時に届いたのが  私の夫の義妹から「とても可愛い コーギーの仔犬が 4匹生まれました。」の年賀状。

ピッピっと閃いた私。
下の階のおじいちゃんおばあちゃんが高齢で飼えなくても  一人娘が社会人準備中で ご主人は夜勤もある仕事に就く2階の"ナナちゃん家なら飼える‼"と。。。
 
「今まで犬好きのじいちゃん  ばあちゃんの付き合いで  嫁の立場で協力してきたでしょう。
前犬に似た色と耳がピンと立ったコーギー犬種が好きなら 今度は自分の人生を豊かにするために 自分で犬を飼って育てればいいんでしょう」と ・・・。
 
子どもが巣立ち 一人で過ごす時間にペットがいる幸せを  猫を飼う私が誰だよりも知っているので延々と 説得しました。
 
中々決心が付かないナナちゃんと娘のカナちゃんと 私の3人で 小樽の義妹宅に仔犬を見に行き 4匹の中でカナちゃんの指にしゃぶりついて離さなかったのが 今の血統書付きビッちゃんでした
 
離乳した生後3か月後  ビスケットちゃんを車で迎えに行き ナナちゃん家に引き渡しをしたのが 私達夫婦です。
「家族の中で唯一血統書がついているのは 犬のビッちゃんだけだけど ダメ犬。そこが可愛い」とナナちゃんは陽気に笑い お陰で兄妹犬の中で  一番幸せな犬と言われるようになりました。

そのビスケットのビッちゃんが リンパ腫となり 手遅れながら抗生剤注射で治療中なので 親せきのオバさん化した私は ときどきお見舞いに行きます。

食欲も無くなり「頑張れ~」とは もう可哀想で言えない時期になりました。
 
イメージ 2