虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

変でないかい!! 北海道の海は・・・

 暑い夏のある日 近所の方からぶり大根の総菜が届けられました。
夏のぶり大根が珍しく「どうしたの?」と聞けば 「釣り好きの家族が 石狩湾で釣ってきた」とのこと。
 
本州では当たり前でも 「えっ~!! 北海道でいつからぶりが釣れるの!? それもこの真夏日に釣れるなんて~」とビックリ。
 
イメージ 1
函館では  二年連続朝イカが不漁で 活イカ刺しも 名物の”するめいか塩辛”も品薄状態。
昨年は サンマも鮭も不漁で価格が高くなり 生筋子はレア品でした。
今時点の予測では 昨年より漁獲高が少ない見込みとか・・・。
 
 
春先には 北海道の海底にいる 中々手が出せない”黒がれい”が 手頃価格で沢山魚売り場に並んでました。
「何だか変だな。」と思っていたら 海面水の温度が例年より5度高くなっているようで 雨雲も発生しやすく 豪雨にもなる訳です。
先週は第二の故郷の小樽が あっと言う間に集中豪雨で商業地域が冠水。
 
海の中では何が起きているのかしら・・・。
日本列島は四方を海に囲まれているから 特に影響があるだろし・・・。
地球の自然摂理が歪んじゃたのかなぁ。