虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

思いがけないサイキックヒーラーKさんの 訃報

 先月の中旬 共通の友人経由で 「Kさんの余命が あと数日しかないので祈って下さい」の衝撃的なメールが届きました。
正確には サイキックヒーラーだったKさんの携帯に登録されていた友人達に ご家族が送った「祈り依頼」のメールだったようです。
 
体調が悪いことは知っていたのですが 「霊能者は早死にする多いと聞いてるけど  それにしても早すぎる・・・」と戸惑いました。
同世代で お互いの才能と資質を認め合い   霊的体質故の苦労も分かち合いながら 別々の道を歩んだ仲でした・・・。
 
翌日の午後に届いたメールは 「帰らぬ人となった」でした。  
                  2017・3・17  → サイキックヒーラーの災難
 
 
妖しげで 何とも不思議なことですが・・・。
10年以上前 夢の中に黄金龍神が突然出現して 導かれるようにその黄金龍神がいると言われる霊島に渡れば 夢乃お告げで視せられたご神事が  目の前で再現されてました。
 
見えない世界への興味も関わり等一切無い私が 何故龍神に呼ばれたのか?
黄金龍神は 何を告げたいのか? 
その先にある 神様と龍神の意図を知る術が無く 私は途方に刳れました。
 
霊能家系で育った遺伝資質者の私と 同じ大容量霊能フィールドで対応できる相手。
そうでなければ 霊視した人に支障があるかもと そこでの心配をして 当時の透知能力をフルに駆使して探し出し 料金を出してクライアントとして初セッションを受けたのが 札幌市内で「有能なスピリチュアルヒーラー」として活躍中のKさん。
 
そのときスピリチュアルヒーラーの Kさんは 私が椅子に座って言葉を発する前に 背後にいた黄金龍神様と会話をして 相談すべき内容を全て理解したようです。
 
元々の優れた資質に 最先端の海外スピリチャルを学び 自分のサイキック能力を存分に使ってぞ仕事をしていたKさんには 田舎の霊能者の祖母が教えた「霊能力でお金を稼いでいけない」や 見よう見真似で学んだ神様のことは 時代遅れに映ったようです。
 
私はあの時期 スピリチャルの世界観を軽やかに語るKさんに出会わなければ  現世と見えない世界の両方で”魂の学び”があることも知らずに 今を過ごしていたかもしれません。 
 
ご冥福をお祈りいたします。
 
イメージ 1