虹の旅人

2011年3月11日 故郷が壊滅。 人生はNext Stageへ

竜くんの 幽体離脱2

 ~前回の続き~
あれから5年を経て Hさんはヒーラーになってました。
 
会場で私を「能力を発掘してくれた恩人」と紹介するHさんに オーラの色と過去生のセッションをして貰うと 「最近 龍も見えるようになった」と言うのです。
 
「私を守護する龍様は 系統の違うヒーラーや霊能者の前に姿を現さないけど 視えますか?」と聞くと 「今一瞬 目があったけど直ぐに消えた!!」とHさんは驚きました。
 
「これまで見たことも無いくらいとても大きなーーーー色の龍だった。」とのこと。
 
私は 龍を直接見ることは出来ないけど 霊島に辿り着くきっかけとなった「夢のお告げ」で 龍王神の昇天映像を見ています。
 
イケメンでお茶目な龍王神は ”Hさんには ”自分の姿の視ることは叶わないだろう”と油断して 登場してしまったようですww
 
他に私にも心当たりがある龍を何匹か見てくれると 最後に「青い小さな龍がいる」と言ったのです。
 
東日本大震災の10年以上前 私の生まれ故郷の三陸を守る霊島のお使い龍王神に探されて 共にお役目をするようになった頃 「龍の言葉を正確に理解する人間いる」と龍神界知れ渡り 縁も所縁もない龍たちが頼み事をで 連日私の元に現れるようになりました。
いくら頼まれても人間の私には あちらもこちらもまして縁のない場所の頼みに応じることはできません。
 
そのとき龍王神が「自分が守護している土地から お前たち龍と共に成長する者を探し出せ!!」と 軽く威嚇して追い払ってくれました。
そんなことがあって「キラキラの入らない格下や幼い竜は 私の元に近づかないはずだけど」と即座に答えても Hさん曰く「まだ 青い色の小さな竜がいる」とのこと。
 
「何故????」と辺りを見回したその時 二人同時に気づいたのです!!
私の真後ろのテーブルには ”龍グッツを扱う人”が出店していました。
グッツに埋めた小さな竜が 飛び出してしまったのではないかと・・・。
 
私も急いで神様の言葉を受信すれば 「私を守護龍王神の威厳ある姿を真近で見た 小さな青竜くんが圧倒されて 埋められたグッツから思わず飛び出した」とのこと。
 
Hさんの友人である龍グッツ屋さんにそのことを伝えもらい 急いで封印糸で青竜くんを埋めようとしたのですが 「金の糸で包まれなければ嫌だ」と竜君は逃げ回って ようやく金色の糸で包まれたときに納まってくれました。
 
竜の幽体離脱場面に立ち合えるなんて 面白かったです。