虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

「虹りんごのスピ系お茶会」から 4年後の話

 2018年の年の瀬に 嬉しい報告を二つ程。
 
私は 東日本大地震の被災地の中で 最受難地と言われる気仙沼市鹿折地区の 神主系霊能家系の家に生まれ育ちました。
 
霊能者の祖母が生前時「お前には 霊能資質も才能も無い」と言われて これ幸いと北海道に嫁ぎ平凡な生活を満喫してました。
それなのに突然ある日 ”夢のお告げ”として黄金龍が現れ 「三陸に 大津波が来ること」を伝えられ 大津波に 我が娘が呑み込まれる映像を  繰り返し視せられました。
 
後に 大津波で被災する地名や風景も刻々と知らされ 夢お告げ通りに被災してしまいました。
 
10年間の帰省の度に 夢の中でも知らされた土地に出向いて 祖母が行っていた土地払いをしていたのですが 2011年3月11日2時46分 大地震の後に巨大津波が押し寄せて 夕方故郷の海が延焼し 町は壊滅しました。
 
震災の数か月前に 高次元の存在から 故郷が壊滅することをリアルな映像で知らされて 寝汗を書いて飛び起きてました。
事前に 震災情報を受け取っていたのに何もできなかった私は 無気力と挫折感で 苦悩の3年過ごしました。
 
その頃 「次は 日本の食料庫である北海道に 災害が起きる。そのためにお前が 北海道にいる」と告げられていました。
気力も能力も低下した私が 自分と同じような資質者を探すためにスピ系のお茶会を 札幌と小樽で 計6回開きました。
 
前置きが長くなってますが 結果的に参加者の方々は 現世での悩みや問題に追われて それどころではなかったのです・・・。
 
そのお茶会に 近郊からいつも参加していたのが 桃の物語 に登場するHさんで 今はマルチな霊視ヒーラーをしています。
 
若い龍を集める小樽お茶会には Hさんの息子も飛び入り参加してました。 若い龍の話 ②
  
現在は 結婚して所沢に住むHさんが来道して 札幌市内のスピリチュアルイベントに参加したので会場に遊びに行き 私は小樽の出展者と出会いました。
 
その方曰く 「小樽では自分を含めて 2014年前後から スピ系のお店や ヒーラーが多くなってきました。」とのことでした。
 
 小樽お茶会前に 要所要所を私が仕掛けして歩いたからと思いたいのですが ”次世代を発掘・育てる”ことが先駈けライトワーカーとしての私のお役目なので 若い世代が活躍してくれることがとても嬉しいです。

Hさんも 「ライトワーカーとして 北海道と本州の懸け橋になる」と言ってくれました。
私自身も 来年以降の仕事を見据えて 能力の再開発中です。
 
北海道開拓から150年。 ”低迷の地に撒いた種が ようやく4年目で芽を出した。 と 151年目の来年に期待する気持ちになりました。
 
 イメージ 1