虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

先週は 不調でした

  先週の始めに受けた健康診断では 血圧も脈拍は文句なしの正常値なのに数日後 「なんだか息切れはするわ 動機もするわ」で 私の身体が不調となりました。
 
20代から40代にかけて ”原因不明”と言われる体調不良に見舞われ どこの病院に行っても「更年期が 早めに来たと思って過ごして下さい」と散々言われた私が 未だかつて無い経験をしました。
 
昨年9月と今年2月の北海道で起きた地震による磁場の乱れや 3月なのに異常気象による気温の大幅な寒暖差に 身体がついて行けなかったと思うのですが。。。
 
「これを不定愁訴とか更年期いうのか 気圧の変化による自律神経なのか⁇」解らないのですが 頭に”輪っか”を嵌められたまま その部分をぎゅっと掴まれて 上にぐーっと引っ張られるような感覚でした。
 
春分の日に墓詣りに行き 陰と陽のエネルギーの入れ替わりを思い出し 夜は満月と気がついて 強烈な引っ張られ感を納得。
 
お寺でお経を聞きながらグランデイングをして ご先祖様の澱や因縁も黒紫の炎で燃やし 周りの空気に呼吸や心拍をゆっくり合わせると 身体がだんだん楽になり 週明けには回復しました!!
 
その夜の21日23時55分から始まったイチロー君の引退会見を 22日1時過ぎまで見ていたけれど 夜更かしはいつものことで 要らぬ思い込みや 古くなり過ぎた情とかetc を 私が消化しきれてなかったようです。
 
その間に 
たまにしか会えない仙台の父から 笑顔写真と趣味の活動が掲載された会報誌が 孫たちへ配る冊分送られてきました。 
 
一方で 
神仏混合で祀るお寺に改宗したら 神主養成所の「推薦をする」と言ってくれた先生から連絡があったのですが ジャストのタイミングで 会社から宅配便が届いて席を外した私は 電話に出られませんでした。
 
春分の日を境に 繋がろうとする縁と深追いできない縁に分かれました。
 
イメージ 1