虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

母の日のサプライズ紫陽花が ミラクルを呼んだ

 

  5月9日の母の日を前にして 我が家の子どもたち〈長男・長女)は子育て世代なので 週末は各々の家の予定がから 来訪はないと思ってました。 

事前に娘からは 「母の日に何か欲しい」と訊かれて 「クレマチスの苗」が欲しかったので 7日(金)に大型花屋店に一緒に行き 私が選んだ薄紫とピンクのクレマチス鉢を プレゼントしてくれました。

 

買い物も済み 花好き母娘が紫陽花売り場を眺めていると 2人同時に「素敵な紫陽花~!!」と見惚れたのが 日本髪に飾る花簪の”つまみ細工”状に咲く ”万華鏡”という新種の薄紫色紫陽花。

娘はその場で「万華鏡」について検索し 「来年の母の日は この紫陽花を買ってあげるね!!」なんて言ってくれました。

因みに私が最初に選んだクレマチスも薄紫で 見惚れた万華鏡紫陽花も同じく薄紫色。 

 

 

翌日の私の脳内には薄紫色残像がチラつき インテリア業の接客があるというのに 薄紫色のアンサンブルニットに 同色系の腕時計を身付け 追加で羽おりコートも青紫色を重ねるという まるで”紫陽花擬人化”服装となりました。

妙な色合わせコーディ服で仕事を終え 7時過ぎに帰宅したけど インターフォンの記録画像に”花束を抱えた人”が映っていたのですが 心当たりがないのでそのままスル~。

 

「母の日」当日 近くに住む息子から「花 届いた?」のメールがありました。

何のことかと訊けば「俺 母の日の花を贈っている。 留守の際は 車庫に置いてくれと伝えてある」と言うのです。

 

そうだとしても 花は届いてないし 不在票も入っていないし 車庫に行きたくてもその日札幌は大雨警報が出ていて 外にでるのにためらいがあります。

小降りになった頃車庫に行くと 薄紫色の紫陽花鉢が 夫の愛車に倒されることも無く 隅の方にポツンとありました。

 

そこに置かれていた紫陽花はまぎれも無く 前日見惚れた「万華鏡の鉢!!」

 

嬉しさと驚きで息子にお礼を言い 娘に兄から「あの紫陽花の万華鏡が贈られた!!」と知らせると 「母が兄に おねだりしたからでしょう」と言われる始末。

「偶然 偶然 本当に偶然!!」と知ると 娘は更に驚いて 数ある紫陽花の中で 「兄はよくぞ あの万華鏡の花種を選んだものだ!!」と 兄のはずの息子を「でかした」と褒めてました。

 

花に全く興味の無い息子が 母の日に花を贈るだけでもサプライズで 確か娘とクレマチスを買いに行った日に 母の日用の花を選んでいる男の子を見かけて「こんな男の子もいるんだ」と 私は羨まし気に眺めてました。

 

家族Lineの「万華鏡紫陽花」の話題が落ち着いた頃 自分も親となった息子が 紫陽花・万華鏡の花言葉が「~辛抱強い愛情~なんだ」と投稿。。。

 

いづれにしても察知能力なのか 同調周波数なのか テレパシーなのか 我が家らしい母の日のミラクルエピソードでした。