虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

オシャレ小物が 防寒用になりました。

 まさか まさか!!

12月の北海道が 厳寒の冬を迎えるとは思ってもいない秋のこと。

コロナ禍で控えていたウインドーショッピングでデパートに行った際 売り場店員さんから 6万以上の有名ブランドのカシミアマフラーは「一生もののマフラー!!」と説明を受けたけど 人生の折り返し地点を過ぎた私が買った所で 値分の”減価償却”はできないだろう。と思って聞いてました。

その反動が出たらしく 色・柄・重さ違いのカシミアマフラーを ネットで3本買い 予算内で済ませました。

     

f:id:nijinoringo:20220109182920j:plain ※ 右 チェク柄・ブラックスチュワートマフラー

                  中央 薄手のキャメル色マフラー(仕事場用)  

                  右 厚手 ハニーベージュ系ストール

 

12月中旬 風に当たると痛みを感じる帯状疱疹後神経痛となり ダウンコートの首元から冷風が入らないように 買ったばかりのマフラーをグルグル巻きにして 外出してみれば カシミアマフラーは肌触りが滑らかで非常に暖かく その日の気分とコートの合わせて楽しんでいます。

 

正月が明けても真冬日の寒さは続き 去年まで使っていた皮の手袋に冷たさを感じて タンス奥から毛糸の手袋を出してみれば 虫喰いの穴が数カ所ありました。

気に入っていただけに残念で 綺麗に繕ってランク格下げして雪かき用に。。。

 

後継の”毛糸手袋”を求めて近所のお店を覗けば 考えることは皆同じらしく 毛糸手袋は売り切れで 諦めかけたそのとき 目に入ったのが”極温”の文字。

今年はこれが最優先とお地味なニット手袋に決めました。

 

色やデザインを後回したモヤモヤが残って 綺麗な紫色の手袋を お出かけ用にネットでポチしました。

この後は オシャレな防寒膝掛け毛布も欲しくなっています。

f:id:nijinoringo:20220109182305j:plain

       ※ 一番右が 虫喰いを繕った手袋

          中央 綺麗な紫色に惹かれて購入

          左が 極寒用二重ニット手袋