虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

庭のオンコの木が 流した涙

 霊能家系出身であり 感知者の私が体験した妖しい話です。

庭の一番目立つ場所に植えてあった古いオンコの木(別名・イチイの木)が 今春新芽が出てこなくて ずっと様子を見てました。

昨年夏の異常な暑さで 近隣の木々も駄目になっていたので 茶色化した我が家のオンコも 根元から伐採することにしました。

そして裏庭には 枯れた杉の木がもう一本ありました。

造園屋さんに頼むまでもない直径15㎝前後の2本の木を シニア素人夫婦が鋸を引いて伐るには 体力と気合が必要です。

それなりに暦で吉日を選び 各々の木と対話しながら実行することにしました。

 

最初に伐るオンコの木に 塩とお酒を撒いて話しかけると。。。 

「塩とお酒だけでは足りません。水を沢山かけて下さい!!」と言ってきました。

鋸が入る直前なのに 根元を水で濡らすのもどうか・・・と思って躊躇っていると

「私は 水が欲しいのです!!」と重ねて言ってきました。

 

長年居た庭の木の最後の願いだからと たっぷりの水を注ぐと 僅かな時間で伐り終えることができて 次は裏庭の杉の木へ。

 

こちらの木にも 「水が欲しいですか?」と話しかけると 

「自分は 枯れて不格好になった姿を晒しているのが恥ずかしい。早く伐ってくれ!!」と言うのです。

その割には 伐る終えるまで時間がかかりましたが・・・。

 

怪我もなく2本の木を無事伐り終えて 残務作業がもう少しで終わる頃 ポツリポツリと雨粒が落ちてきました。

庭には私だけが残り これまでのお礼を2本の木に述べて 跡地には数日前長男家族が託されて持ってきた 寒冷地研究所の「千島桜」の苗木2本を 植えると告げました。

 

するとオンコが植えてあった場所から 

「この雨が 昨年の夏にも降ってほしかった。こんな雨が降るのを夏の間 毎日待っていた!!」と さめざめと泣きながら語る言葉が聞こえてきました。

すると 雨は一気にザーと降り出し 10分後にはスコールのように急激に止んで 青空が見えました。

 

オンコの想いを汲んで カットした根元を畑の柵に再利用。