虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

高校友人から突然の連絡で 小樽旅

 

2022/6     小樽運河

  15年ぶり友人からの連絡は 怪しい詐欺メールとほぼ同時に届きました。

内容は 名前を名乗って 高校時代の共通友人から番号を聞き「明日から札幌に遊びに行く」とのことでした。

 

返信すればメールの主は間違いなく「H栄ちゃん」で 「札幌滞在3日間のうち 市内・小樽・富良野のいずれかで会えないか」と言われて 2日目の小樽に同行することに。

H栄ちゃんは旧ブログ「虹の旅人」では たまにコメントも入れてくれたのですが 引っ越し先のこのブログを閲覧していたかは不明で 私たちには15年間の空白がありました。

 

一人旅の様子だけど 特異な紆余曲折経験をしたH栄ちゃんが 結婚生活を維持しているのか それとも離婚したのかも訊かず 人生色々だものと札幌駅で待ち合わせ。

 

小樽行き列車に乗り込んで思い出したのが 48年前に行った「鼎が浦高2年」の修学旅行のことでした。

 

授業中は寝ていて終業チャイムと同時に教室を飛び出し 5分後にはグランドを走っていたH栄ちゃんと 聞いてるそぶりで授業を学び 退屈を持て余していた私とは 修学旅行中 いつもバス席が隣同士だったはず。

 

お互いの旦那さんのことや 子どもたちの近況報告を済ませるうちに 浮かび上がったのが これからの人生の過ごし方。    余寿命20年余りの分岐点でもある 65歳の女同士の話となりました。

JR「大人の休日倶楽部」チケットで来道した5日間の旅服は 全部旦那さんがコーディネートしたそうで 愚痴りながらも旦那さん好みの 上品な女性に納まろうとする姿に感心したり同情したり。

 

2か月前 これまでの不満や胸の内を 旦那さんにぶちまけてプチ家出をしたみたいだけど 喧嘩したこと キツイ言葉を放ったことを悔やむ様子に これまで旦那さんから受けた苦労に比べれば 取るに足らないことであり この先の人生を楽しむつもりなら 窮屈を破る力も必要。と思って聞いてました。 

 

かと言って我が家の場合を考えた所で 他家の夫婦関係はそれぞれだろうし 珍しく聞き役に回った私です。

 

札幌の後は 旦那さんと函館で合流して「函館山の夜景を見に行く」と言ってましたが あいにく函館の天気は2日間とも 年に一度の大雨予報。

 

青春時代を遥かに過ぎ 不純物を多少含んだ青銅色に染まった女2人は 念願の小樽旅を楽しんで LINEを交換し「また 会おうね」と言って別れました。

 

 

nijinoringo.