虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

「SPY×FAMILY」の中のインテリア

 「SPY×FAMILY」を教えてくれたのは 私にいつもトレンドを教えてくれる長男家の孫・花ちゃん(5歳)で 車内でアニメ「SPY×FAMILY」を見て その日の夜には4話まで見終えました。 

 

西と東に分かれた西側の敏腕諜報部員の「黄昏」が 引きこもりがちの東側の要人・デズモンドの戦争計画を 突き止めるミッションを受ける。

そのためには 偽家族をつくって子どもを名門イーデン校への入学させて 優秀な親子が出席する”懇親会”に行かねばならないのです。

そこでまずは孤児院に行き 6歳の女の子「アーニャ」を引き取り その後母親役に仕立て屋で知り合った「ヨナ」を奥さんにするのですが 娘の「アーニャ」は 人の心が読める超能力者であり 妻のヨナの裏稼業は殺し屋でした。

 

最初の頃 アニメ版では気づかなかったのですが 偽家族が住む家の居間の中央にデンと据えられているのが コルビジェLC2の3人掛けソファ。

コルビジェ風の椅子が描かれている思っていたら その隣に置かれたフロアスタンドがフランク・フロイドのタリアセン1。

更に目を凝らして見ると ダイニングテーブル上の照明は あのポール・ヘニングセンPH5。

確か黄昏さんの部屋には 曲線が美しいアルコ・フロアライトが置いてあり クールで理知的な黄昏さんらしいセレクト・・・と思って見てました。

床材には 当時人気だった手の込んだ杉目模様が描かれているし 壁にも見たことがある”コーニス柱の絵”が飾られていて 1950年前後のとある国の分断時期に流行った インテリア様式・ミッドセンチュリーモダンを意識して 椅子や照明を描いているのかなと思ってました。

 

46歳から何度も受験していたインテリアコーディネーター技術編に載る 最重要箇所”家具の歴史”の椅子名と作者名を必死で覚えた私には スパイファミリーの本筋テーマ以外でもエンディングの椅子を見ているだけで ワクワクです。

 

今回 コミック本「SPY×FAMILY」を読む機会を得て 表紙がキャライメージと重なる名作椅子に座っているので 嬉しい限りです。

背景に使われたスモーキーグリーンも当時であり そして”今”のトレンド色。

 

最後に一言。

SPY×FAMILY」の面白さを語る花ちゃんの髪型・容姿はアーニャそっくりで 賢いのかおバカなのかも 計り知れない天真爛漫さも似ていて アニメの中からアーニャが飛び出して 目の前でおしゃべりしているような感じで聞いてました。

残念なのは長男で 黄昏さんの協力者モジャことフランキー似。

その日は フランキーに預けられた「アーニャ」に出会ったような気分でしたww