虹の旅人

2011年3月11日 故郷が壊滅。 人生はNext Stageへ

高齢父は復活コロナ 次は孫の番!!

 8月2日に 原因不明の高熱で入院した孫の雪ちゃん(2才10か月)の熱が下がっていない10日夜 仙台の妹から老人施設に入所中の父親(93歳)が 「コロナに感染した」と知らせがありました。

 

施設近くに住む妹もコロナ禍後 面会ができていなかったのですが 数日前から発熱して 食欲が無いとのこと。

スタッフにも感染者が出て「病状問い合わせ」の対応はできず 何かあったら連絡しますと言われた。とのこと・・・。

 

長期盆休み直前の感染知らせに 取り敢えず荷造りをして ひたすら妹からの連絡を待ちました。

やがて気持ちが落ち着き コロナ感染者の高齢父親に”何か”があっても 札幌から仙台までかけつけた所で 母が亡くなったときとは 対面も葬儀も違う形になると 気づいたのです。

 

父の発熱1週間目に 保健所から「病院へ入院するように」の指導があったのですが 市内の病院にベットの空きなどありません。

父親の微熱は続き 陽性確認から10日後 タイミング良く近くの病院に別な病名で入院できました。

入院翌日の妹からのメールには 

「父親が甦った!! 食欲が出てきて回復に向っている。1週間程で退院する見込み」とありました。

その日は雪ちゃんの 退院予定日だったのですが 検査結果が思わしくなくて延期となってました。

差し入れの向かう車中で 嬉しい知らせを受け取りましたが その夜雪ちゃんは 何人もの専門医が首をかしげる程の高熱が出て 薬疹が出てしまいました。

妹の尽力で父親への想いが減り 心身への負担が楽になったものの 雪ちゃんの心配は増し 泣き叫ぶ我が子を見守る我が娘への切なさも増し 夜中に何度も目覚めてました。

 

コロナ禍の忙殺に追われ 幼い子どもの治療が後手に回ってしまう現在の医療体制ですが 原因が解らないなりの説明を患者側にしてほしい 早く適切な治療をしてほしいと願ってます。