虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

「天使が遊ぶ庭」に 天使キャラの孫・花ちゃんが遊びに来た

 GW明け大津市で ”お外大好き2歳児を  保育士さんが散歩で連れていたとき  不幸な事故に遭遇して 園児2名が亡くなった事故がありました。 同じ2歳の孫・花ちゃんがいる私には 人ごとでは無く胸が締め付けられるニュースでした。
  
その事故を知った翌日 痛ましさのあまり 以後ニュースを見られずにガーデニングをする私の元に 亡くなった園児のお父さんや園長先生の会見を見た 花ちゃんのお父さんである私の息子が 「切なすぎる!!」と言って 我が家に花ちゃんを連れてきたのです。
 
幼い子どもが言葉を理解しようとしていまいと 「かけがえの無い命の大切さと 自分で自分の命を守る大事さ」を 親は言葉に出して 子供に伝えなければならないと思っている私。
 
早速 華ちゃんを抱きしめて 「自分の命を大切にするんだよ。 何があっても命を守るんだよ!!」と 薄いベールで身体を包む込むように”言霊おまじない”をかけました。
 
怪訝顔の息子には 「私がいつも”言霊おまじない”をかけていたから あなた達二人は”難から逃れ 障りも寄らず 大病も怪我もしないで ここまで成長でしたでしょ」と諭ました。
 
これから我が家の息子と娘たちは かけがえのない命を護るために”言霊おまじない”をかけると思います。
今回は 天使を案内役に 神様が気楽に立ち依る庭で 祖母の私が”言霊おまじない”をかけました。
 

~~小さな宿根草庭に「天使が遊ぶ庭」と名付けた理由~~

私が生まれ育った実家には 亡くなった祖母が 代々霊能家系の生家が祀る駒形神社を勧請した大きな祭壇があり 三陸の人たちのために神仏を降ろして 託された言葉を伝えてました。 
2018年生家を取り壊した際に 祭壇も無くなりました。
 
その頃既に 私にも生粋霊能力があることを自覚していたのに 実家の神事を継げなかった無念さで 守護神様に問うと「形あるものは受け継がず 形の無いものを受け継けばいい!!」と伝えてくれたのです。
 
それならいつも見護ってくれる神様や龍神たちと 自宅の庭で対話しようと考えて
「どんな庭にしたら 神様と一緒にいられますか?」と 守護神様に問いかけると 上の方から「天使がーーー庭」と聴こえました。

よく聴きとれ無かったので 「天使が遊びに来る庭ですか?」と聴き返すと 苛立った声で再び上からぶっ!!」と 聴き取れなった箇所だけの訂正が入りました。

案内役の天使が遊ぶ庭であれば おのず・・・という訳で 神様の意図を汲み

『天使が遊ぶ庭と名付けました。 

 

         イメージ 1