虹の旅人

2011年3月11日 故郷が壊滅。 人生はNext Stageへ

極寒だから食べたい 「八乃木」の味噌ラーメン

 日本じゅうが寒気に覆われ 寒さに慣れている道内でも 最高気温-10°前後が続いて 外出の度に足元からキュキュと片栗粉みたいな音が鳴ってます。

そんな寒い日は「熱々のラーメン食べたいな!!」と思います。

 

思い浮かぶのは濃い味噌味で ニンニクと生姜が効いた「八木」のラーメンですが シニア夫婦の私たちには 人気店の長い行列に並んで入店するのは無理なこと。

まして夫は行列に並ぶのが苦手で 交通量の多いT字の突き当り駐車場に 車を止めるのも至難の技。

昨年11月末 娘婿が東京の方を案内した際の「駐車場が増えていた」情報を聞き 日中気温が低くならない13時過ぎ 勢いをつけて「八木」に行きました。

画像はそのときのものですが 相変わらず美しい仕事ぶりで 木の蓮華で スープを一口をすすると旨さが 体じゅうに響きます。

      

         

※ 最後までスープは飲みきれず 別器に移しました。

※ 壁の賞状は チーム・ナックスの番組で”西区ラーメンチャンピオン”になったときのもの

 

6年前最初に「八木」に行ったのは 長男がすみれの店長をしていた人が お店をオープンした噂を聞きつけて 開店から半年後。

翌日になっても 村中のお母さんの幻の「駅」の味に似た「八木」味噌ラーメンの衝撃的な味が忘れられず 翌々日に再び2人で食べに行き 1か月後にもう一度。

その後はどんどん人気店になり 中々行けないお店になりました。

 

「駅」の味噌ラーメンは 周辺にも漂う焦がしニンニクが特徴だったけど 「八木」の味噌ラーメンは生姜がポイントで 寒冷地仕様で後口もさっぱり。

 

20年以上前の話ですが 通っていたラーメン店「駅」が純連とすみれの生みの親・村中のお母さんの店と知り やがて道路拡張で閉店が決まったラスト3日間 ”あの味”を忘れたくなくて通いました。

2014年に地元テレビ局イベントで 村中のお母さんがラーメンを作ると聞き 長男とかけつけましたが「駅」のスープに 「八木」が一番似ているかな。 ”味の後継者”なんだろなと思って食べてました。

嬉しい味の伝承です。

 

※ 八乃木"のれん"に幻の「駅」の文字

 

nijinoringo.hatenablog.com

 

 

nijinoringo.hatenablog.com

 

突然 厚岸漁師さんから「牡蠣&浅利の海の幸箱」が届いた!!

         

 夕食のメニューも既に決まった午後5時過ぎ 長男から慌てた様子で電話があり「今晩メニューは 決まった?」と訊かれました。

 

「決まったけど どうしたの?」と尋ねれば 知人の厚岸の漁師さんから突然 貝殻付きやら 袋やらパック詰めの牡蠣と殻付き浅利が 沢山送られてきたとのこと。

 

「時間が勝負の生牡蠣相手なら そりゃ慌てるわ!!」と 三陸生まれの私が一役買うことになり お礼は海の幸のおすそ分けとなりました。

 

・所要時間は 共働きをしている長男家の夕食時刻までの1時間のみ。

・鮮度劣化が早い順を決め 各メニューごとに3家族(計8人分)を調理。

・牡蠣は軍手をはめて 専用ナイフで殻の隙間から 又は無理にこじ開けた割れ目から貝柱を探ってグリグリ作業。         

私は 生牡蠣17個分の殻を次ぎ次ぎと剥き 大きさ別に生食用と酒蒸し用に分け 長男を隣のレンジに立たせて”酒蒸し牡蠣”を作るよう 口だけで指示。

長男はスマホ検索して 酒蒸し牡蠣8個を作り 一人撮影会で悦に浸ってた。

 ”生食用牡蠣”9個はそのまま。

        

厚岸産の浅利は ハマグリ並みのサイズかと驚く暇もなく その頃参戦した長女に 孫たち用の”焼き浅利”を オーブンで焼いてと指示。

 

残った浅利を酒蒸しにするか迷ったけれど 牡蠣の酒蒸しと重なるので いっぱいニンニクを刻んでオリーブオイルで軽く炒めて蒸した ”アヒージョ風酒蒸し浅利”に仕上げました。

突然過ぎてレモンも無いし 白ワインも無い。

取り合えず野菜室のインゲンやら ロマネスコミニトマトで 彩りを添えて映え狙い。

                

     1時間後には 出来上がった牡蠣と浅利料理4品を 各家がお持ち帰りして解散!!

 

その後 長男家ではパスタを茹でて ミネラルたっぷりの浅利スープを素に”浅利ボンゴレ”が食卓に乗ったようです。

私たち夫婦は 手持ちのフライパンで 浅利スープにご飯を入れて”浅利リゾット”に。 

一年で一番海の水が冷たい寒時期の エキスがたっぷり詰まった海の恵みの幸は 本当に美味しかった。

     

 

        

実はなのですが

「厚岸の海の幸箱」の中で 私の高度な食べ物センサーが”ピ・ピッ”と反応したのは 「美恵丸水産」の 青白く光り輝く身が厚い牡蠣「美恵丸」パックでした。

翌日 紫外線オゾン+電解質のダブル殺菌が施された牡蠣「美恵丸」をさっと水洗いして 生レモン汁を絞って口にした瞬間に 「新牡蠣の王者」誕生を確信。

牡蠣好きだからわかる 牡蠣の美味しさを堪能しました!!

※ 気になる方は 是非こだわり牡蠣のコチラ↓を覗いて見てください。

<北の屋台>北海道厚岸産 漁師直送「殻付牡蠣 2Lサイズ15個」 (kitanoyatai.jp)

             

nijinoringo.hatenablog.com

 

凍結路面の転倒後 実は骨盤がズレていた

         

         ※ 駐車場が アイスバーンとなっていた。

 正月疲れを癒すために整体に行き 帰りに好物のあんかけ焼きそばをテイクアウトしたら そちらに気を取られた隙に 手足を空に突き揚げるポーズで転倒。

お尻と背中以外には痛みは無く ”ただの打ち身”と思い 様子を見ていた5日目の朝 札幌市内に50㎝の降雪がありました。

 

今年初の大雪に シニア夫婦の私たちは頑張って雪かきをしたのですが その後私の腰に異変をきたし 立つ度・座る度に鈍い痛みを感じるように・・・。

馴染みの整体先生に施術してもらうため 予約日まで我慢することにして 仕事も休まずに行ったのですが その日道内の最高気温は7°で春の陽気。

仕事を終えた夕方には急激に気温は下がり 日中に溶けた雪が凍って 駐車場も道路も歩くこともままならない”ツルツルのスケートリンク化”してました。

 

10日前に転倒痛もあるし また転びたくない恐怖心あるしで 最寄り駅までどうにか辿り着き 週明けに整体院に駆け込むと 先生の言葉は「骨盤がかなりズレている」でした。

「転倒後に我慢して過ごした日数分の歪みが 背骨にも響いて曲がっている」とのことで 「もっと早くくれば ここまでズレなくても済んだのに」とも言われました。

 

自分では大丈夫と思っていても ”雪国あるある転倒”を甘く見ず 早めに整形外科なり整体院で診てもらえば良かったと 今になって反省している私です。

 

nijinoringo.hatenablog.com

 

サポート終了で パソコンを買い替え データ移行に励みました。

          

 8年間使っていたパソコンのWindows8.1サポートが 1月10日に終了となり パソコンの「ソフトもハード」も”チンプンカンプン”の私は 水回りリフォームや その後の冷蔵庫の出費を考えて Windows10をダウンロードするか それとも買い替えるかを迷っていました。

我が家のIT担当である娘婿さんは 毎日過重労働で帰宅していたので相談もできず 電話で聞いた長男は「仕事でも使っているしWindows10をダウンロードしても 容量が重くなるだけ」と 買い替え派。

夫は「サポートが終了しても使えるんだから そのまま使えば」と 継続派。

 

年の瀬29日朝には ほぼ2008年版パソコンにWindows10をダウンロードして 2025年のサポート終了まで使うつもりでしたが 正月休暇に入った婿さんが事情を知り 「買い替えた方が良く これなんかどうですか?」と PCメーカーのオンラインショップに載る商品を薦めてくれました。

現物を見ずに決めかねている私を その足で”ヨドバシ”まだ連れて行ってくれたのですが 条件としては「ディスプレイ画面が大きく office Excel WordがあればOK」なので 結局 家に帰ってオンラインショップから 前パソコンの半分値段でポチ購入。

 

それ以上オプション付加の無いパソコンは 正月過ぎて7日には到着したのですが 一人で初期設定をする勇気も無く 長女家族の家族都合もあるだろうと これも婿さんの時間空き待ちに。

3連休中にデータを移行する段になり 旧パソコンを婿さんが覗くと 全容量の10分の1も使っていないことが判明。

写真やら会社書類やらを 沢山保存していたつもりでいて 残り容量も確認せずに”サポート終了”と聞いて ただ困っていたのですね。

65歳を過ぎて 面倒な人との関わりを極力避けている私には パソコンツールは大切な友人なので ある程度は自分で把握しておきたいと 初期設定は婿さんのサポートで行ったのですが 設定後の承認コードやら細部カスタマイズは 一人で四苦八苦しました。

シニアの私が Windows10をダウンロードをして 果たして2年後にパソコンを買い替えてデータ移行できるのかと 考えれば「頭が柔らかい 今回買い替えて良かった!!」と思ってますが 空き容量がたっぷり残る旧パソコンには Windows10を搭載し「天使が遊ぶ庭」の花画像を保存して「花図鑑」として使うつもりです。

        

nijinoringo.hatenablog.com

 

凍結道路で スッテンコロリと転んだ!!

 いつも行く整体院の向いには あんかけ焼きそばの美味しいお店があります。

 

正月疲れの身体をメンテナンスした帰り 昼食に夫と食べる2人分をテイクアウトしたのですが 最寄の地下鉄駅に行く途中 包んで貰ったビニール袋の緩みが気になり 下を向いて直そうとした瞬間 思いっきり空を仰いで転びました。 

ダウンコートの上から尻餅をつき そのまま背中も打ち かろうじて頭だけは打ちたくないなと腹筋に力を込めて 首を持ち上げて免れました。 

 

札幌市内でのできごとで 自分がこんな転び方をするとは思わず周辺を見回し 慌ててハンドバックから飛び散った財布とスマホを拾いましたが 都会だからか 道を歩いている人たちは皆知らん顔。

恥ずかしさのごまかし笑いも必要無く 握ったままのあんかけ焼きそば2個分は 少し傾いただけで無事 財布もスマホも支障無し。

 

「整体に行く前ならともかく 帰り道で転ぶなんて さっき払ったお金が勿体なかった」と思いながら 地下鉄駅まで徒歩8分の距離を 雪が溶けたツルツル路面を お尻と背中に痛さを感じてかばうように静かに歩きました。

 

そう言えば今年は 路面凍結状況を夕方のニュースで知らせる 「ツルツル予報」を チェックしていなかった。と思っても後の祭りで 救急車が何台か 町中を通り過ぎて行ったことを思い出し 「この凍結路面で 怪我した人がいたのかも・・・」と思いました。

 

数日たっても腰と背中が痛くて 札幌市内50センチの降雪時は 雪かき作業に苦労しました。 

冬に歩いて買い物をするときは 身体のバランスを崩す 大きな荷物や大切なものを 手に持ってはダメだなと思いました。

雪国の凍結路面での転倒事故は案外多く 身近な知人たちも骨折しているので けっしてあなどれないことなのです。

 

「あんかけ焼きそばのテイクアウト」は 春まで見合わせることにしました。

 ※ 待機中の除雪作業車

 

ややこし家族 氏神神社で家族写真撮影

 天候に恵まれた今年の元旦は 皆で正月祝い膳を囲み 長男家がお嫁さんの実家に行くというので 早めに氏神神社に元旦詣り。

我が家の夫は 正月に氏神神社で 恒例の「家族写真」を撮ることにこだわっています。

昨年は長男と長男家・孫の花ちゃんの体調不良で 3日の11時に氏神神社境内に改めて集まり お詣りの後に写真撮影をしたのですが 数時間後に擦った揉んだとなりました・・・。

 

昨年のその日夫は張り切って いつもの神社屋根の千木が写り込む場所に立ち 皆が納まるようにカメラアングルを決め 近くを通る方へシャッター依頼もして 撮り終えた後 その方と画像確認も済ませてました。

 

なのに 家に帰って2022年度版「家族写真」をチェックしてみたら「神社の屋根の千木が写っていない!?屋根が切れている!!」と騒ぎ出したのです。

 

「時間をかけて段取りしたのに 肝心な神社の千木が欠けているなんて」と私が呆れ顔をしたのでしょうね。

その顔を見て「この写真が気にいらないのか!?」と聞かれたので 「気に入る以前の問題で 成果が出ていない中途半端な家族写真」と答えたのです。

 

夫があれこれ段取りしているとき  幼い孫2人と長男・長女家族皆が ずっと待ってくれてたので 申し訳なさもあったのです。

売り言葉に買い言葉で 「撮った後 画像の確認もしたのにね」と発して 夫婦喧嘩となりました。

夫は「家族写真を撮り直すため もう一度皆に集まって貰う!!」と息巻き 長男に電話を入れたのですが 「今さら!!」と相手にされずに頓挫。

そう言う訳で 昨年の家族集合写真は焼き増しもされず 各家に配られることもありませんでした。

 

今年は 71歳の父親任せにせず 長男が精度の良いスマホで場所決めして カメラアングルも全部決め お嫁さんが幸せオーラを発する若夫婦にシャター押しを依頼。

夫はそばで 「境内の松の木が大きくなって画像に入る」と言ってましたが 「これ以上のアングルを望めば 莫大な奉納金を納めて神社のお社を移してもらうしかない」と長男が説得してました。

その間 5歳と3歳の孫たちは 寒さのため口数少なくり 凍えてチルド状態に。

 

毎年のややこしい”やり取りが面倒”になった私と長男は 来年からは合成写真にしようと提案。

「最初に神社を撮って 後で家族写真をCG加工したら良いんでないの」となり 長男は

神社だけを撮りに行き 早速画像保存をしてました。

 

お嫁さんは 「それなら玄関前で集合写真を撮れば良い!!」と言い出すし 長女家族は「緑のスクリーン前で家族写真を撮って送るから 後で足して欲しい」と言ってました。

 

その間 記録より記憶を大切にする私は 凍りかけた孫たちと 境内で売ってた綿あめを食べて楽しんでましたが・・・。

        

       2023.1.1 寒くて凍えて待つ孫2人

 

生真面目過ぎて イマイチ乗りの悪い父親を 子供たちがイジッているのですが 来年から我が家の家族集合写真は「合成の家族写真」になるかもしれません。

 

記録好き夫が家に帰り 長男からスマホに送られた「件の家族集合写真」を眺めていて 「神社の金色の千木が 屋根に写って2本輝いている!!」と驚いてました。

昨年分の千木を 今年回収したようです。 

2023年 謹賀新年

 ~明けましておめでとうございます。

   今年も どうか宜しくお願いいたします。~             

                元旦        

                           

 昨年は 個人的には家族のことで大変なこともありましたが 仕事面でもコロナ禍やウクライナ侵略の余波が 地方の末端の私までジワリと押し寄せて 苦しい状況に陥りました。

「仕事を これ以上は続けられないかも・・・」の思いにもなったのですが 17年目に突入するまでは在籍して 3か月後のその日に改めて考えよう。

と思って働いていたら 年末に新しい仕事と若返り人事の話が入りました。

 

この2つの知らせは 私にとってHAPPY話!!

年齢を言い訳にせず 良い流れにしっかり乗ろうと思います。

 

正月には 「蟹が食べたい」と何度も言っていた母のために 別々にコロナ感染して大変だった長男夫婦から お歳暮に「巨大タラバガニ」が届き

娘夫婦からは 過重労働のお婿さんの報酬で「大分のすき焼き用牛肉」が届けられました。

 

正月に集まったときに 皆で食べたのですが 家族で頑張って一年を乗り切った”ご褒美食材”は 子どもたちの心遣いです。 

 

「世の中 満更じゃない」と 美味しいものがエネルギー源になる私は思ったのです。

感謝。

 

    

         2022.12.30             12・29