虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

築36年の我が家リフォーム中 高齢猫と共に11日目

 床&水回りリフォームも11日目を迎え 空き室だった元子ども部屋での リアルすみっこ暮らしも佳境に。

使える水道はトイレのみの生活は 思ったよりも大変で 雨の日は庭の水道への距離が遠くなり 匂いや汚れを気にする神経過敏な人には 無理な借り住まいと思います。

東日本大震災後 気仙沼・鹿折の半壊したあばら家で 買い物難民となった父親と二人  不自由な生活を不自由とも感じず「命があっただけで 有難い!!」と思って過ごした私には 想定内の状況なのですが・・・。

 

今回の仮暮らしにに 一番慣れてくれなかったのが 推定人間年齢80歳前後の飼い猫りぃちゃん(♀16歳)。

昼は寝ていても作業音がする階下を気にして 夜10時から1時間毎に 自分の餌台とトイレが置いてあった洗面所を確認したくて 私を起こして見に行ってました。

お陰で4日間は寝不足。 

それ以外でもキッチン台や洗面所・風呂・トイレ 食器などの梱包を一人でしたせいか 腰は痛いし階段の登り降りで膝も痛くなりました。

 

懸念の入浴は 北海道の9月中旬ということでり2日に1度に。

車で10分の各々子どもたちの家で貰い風呂しながら 洗濯機・乾燥機を借りて 翌日は水の要らないタオルのお世話となりました。

明日が最終局面のトイレ工事で 丸一日トイレが使えずなので 近場のお店で済まそうと考えてます・・・。

 

4日目以降のりぃちゃんは 飼い主夫婦と一緒に2階で過ごすことに安心してか ドリル音にも動ぜず昼寝三昧。

 

今回のリフォーム工事期日を2週間迄と区切ったのは 私たち夫婦と飼い猫・りぃちゃんの年齢よるストレスを考慮してのことで

和室を洋室に替える2期リフォーム工事は 3年以内と予定しているのですが 若いつもりでいても けっして若くないことを知った今 慎重に計画を立てようと思ってます。  

 

築36年の我が家リフォーム中 すみっこ暮らし7日目

 今週月曜日から 築36年の自宅の水回り全部と 床の貼り替えリフォーム工事をしています。

 

家を建てた当時 札幌市の水道配管は鉄管が主流で 数年前からその鉄管の繋ぎ目に錆びが浮いて来てました。

30年以上も経過した水回りリフォームは遅いくらいで コロナ禍でも春に豪雪の雪が溶けたらと思っていたら ロシアのウクライナ侵攻が始まり ウッドショックにょる材料の高騰も心配になり 早々に業者探しをしても中々見つからず 苦労と時間を要しました。

 

現在私たち夫婦は 電気は使えるけど水は使えない  2階の元の子ども部屋で過ごしてます。

ユニットバス・システムキッチン・洗面所・トイレの水回り配管を全部交換するため トイレ以外の水は使えず 唯一の飲料水は庭の外・水道からのみ。

 

ガスも使えないので 電磁調理器を使って2階で簡単な調理をするつもりでしたが いかんせん「手を洗う 食べ物を洗う 使った食器を洗う」の水が無いことが予想以上に不便で 手間と段取りを省き 近くのスーパーのお弁当と外食で凌いでます。

 

庭での歯磨きは 花と緑に囲まれたキャンプ場の水場のようでもあり 1階で作業する 大工さんの休憩時を見計らってかけこむトイレは スピード勝負でありますが この後の快適な暮らしを思えば この10日間の体験を それなりに楽しむつもり。

  

71歳と66歳夫婦+飼い猫16歳のリフォームは 「終の棲家」前提での計画ですが 10年・20年・30年先の高期高齢夫婦となった私たちの「終の棲家」は たぶん介護施設か病院になっているかもしれません。

そんなことも視野に入れ その日まで安全で心地良い生活が維持できるよう 肩書だけの現役インテリアコーディネーターの私は 不足の知識と経験値を認めて 洒落ているけどローメンテナンスにこだわったリフォーム計画を練りました。

 

詳しいリフォーム話やアレコレは またの機会に・・・。

誕生日祝いは 孫・雪ちゃんの退院!!

 1ヵ月間 高熱で入院していた孫・雪ちゃんの退院の数日後は 私の誕生日。

 

去年の誕日は雪ちゃんと一緒に お祝いケーキのろうそくをフーフー消したのに 今年は入院で体力・免疫力が低下しているため 「当面は 祖父母には会えないから」と雪ちゃんの母親である 長女から言われました。

 

正直言って

孫と実父のW生命危機の 連日緊張感は 思った以上に私たち夫婦の心身に負担をかけていたようで 無事に両者が退院した後 私たち夫婦は腑抜けてました。

 

こんなときこそ自分の誕生日を口実に 気分を上げようと 久しぶりにホールケーキと

国産牛肉もサラっと買って そそくさとイベントを終了するつもりでいたら

夕方 赤い花束を抱えてお祝いに駈けつけてくれたのは 退院後初めて会う雪ちゃんと長女夫婦!!

短い滞在時間だったけど とても嬉しい誕生日プレゼントになりました。

 

そのとき長女が 妙なことを言ってました。

「雪ちゃんが熱性けいれんを起こした日 薬害で肝機能値が異常に高くなった日」の2日間の記憶が 夫である娘婿から全部抜け落ちてて 「驚いた!!」と言ってました。

 

娘婿の記憶が消えた日 私も電話で彼と話しているし 雪ちゃんの入院先の総合病院窓口前でも ばったり会って会話をしていたのに 本人が真顔で「まったく覚えていない!!」と言い切りました。

「車の運転に 支障は無かったの」と問えば 運転は普通にできたらしいです。

 

人間は自分の限界を超えた精神状態に陥ると 記憶が飛んで虚ろ状態で行動するんだと思いました。

夫を見つめる長女も 「私もこの1ヵ月の記憶が ほとんど無い」と言ってたので 同じような虚ろ状態で 雪ちゃんに付き添っていたのでしょう。

我が家の今年の8月は 過激過ぎて「記憶が消された 忘れられない8月」となりました。

 

   

※ 院内の階段で脚力リハビリする雪ちゃん。

私は夢の中で 雪ちゃんがこの階段の先にある”白く輝く光”を目指して

昇って行く姿が見えて 何度も大声で呼び止めて阻止してました。

 

 

nijinoringo.hatenablog.com

 

夏の終わりのご褒美は 山下達郎「アコースティック・ライブ映像」&二重虹

 この夏は 人生2度目の「まさかの坂」を越えている最中です。

因みに 一度目の「まさかの坂」は東日本大震災時で 当時81歳の父親の安否確認が5日間できなかったとき・・・。

 

現在93歳でコロナに感染した父親は退院して 2歳の孫は投与した抗生剤でアレルギーが発症して退院延期となってます。

今どきのお医者様は 抗生剤やらステロイドを直ぐ投与するので 「幼児の体質・資質を鑑みて 細心の注意で処方してほしいとお願いしたら」と付き添う娘には言ったのですが 名医と評判の先生方には伝えられないとのこと。

その娘も幼かった頃 毎月のように高熱を出し やがて抗生剤が効かなくなり 最終的に漢方薬治療で 健康体になった経緯があります。

たぶん遺伝体質もあると思うので コロナ体制の中で働く小児科医に その点を配慮して頂きたいと願うのは無理なのでしょうか。

 

思う所はあってもほぼ毎日 夫と二人で食事の差し入れやら 孫の雪ちゃんがベット周辺で遊べるグッツを探して差し入れてます。

 

そんな私に届いたご褒美が  山下達郎さんの新アルバム「SOFTLY」で応募した8月22日札幌シネマフロンティア「プレミアム・アコーステック・ライブ映像」の当選通知。

達郎さんの全国ツアー・札幌ライブチケットが全て外れて そのうち本州枠にエントリーしようと思ってた矢先 上記のことが起きてツアー参戦を諦めました。

 

「SOFTLY」限定のボーナス盤のアコーステックライブの映像かなと思いますが 達郎さん(ボーカル&ギター)伊藤広規さん(ベース) 難波弘之さん(ピアノ)の 顔を見なくても互いの音が解る 信頼し合う「同じ年トリオ」が奏でる熟成された音楽が良かった。 

「同じ年を取るなら 格好良く歳を取りましょう!!」を有言実行する達郎さんは やっぱ恰好良いです。 

           

 

もう一つのご褒美は 虹!!

コロナ体制で面会できない雪ちゃんの病院に行き 窓際で大きく手を振って見送る娘と孫の姿に目が霞み 「早く雪ちゃんが退院できますように」と祈りました。

 

すると間もなく 札幌市内に大きな虹が出現。

竹内まりやさんの「人生の扉」を聞きながら いつまでも消えない二重虹に感動する魂が「虹の旅人」の私です。

       

    

                  ※2022・8・28

高齢父は復活コロナ 次は孫の番!!

 8月2日に 原因不明の高熱で入院した孫の雪ちゃん(2才10か月)の熱が下がっていない10日夜 仙台の妹から老人施設に入所中の父親(93歳)が 「コロナに感染した」と知らせがありました。

 

施設近くに住む妹もコロナ禍後 面会ができていなかったのですが 数日前から発熱して 食欲が無いとのこと。

スタッフにも感染者が出て「病状問い合わせ」の対応はできず 何かあったら連絡しますと言われた。とのこと・・・。

 

長期盆休み直前の感染知らせに 取り敢えず荷造りをして ひたすら妹からの連絡を待ちました。

やがて気持ちが落ち着き コロナ感染者の高齢父親に”何か”があっても 札幌から仙台までかけつけた所で 母が亡くなったときとは 対面も葬儀も違う形になると 気づいたのです。

 

父の発熱1週間目に 保健所から「病院へ入院するように」の指導があったのですが 市内の病院にベットの空きなどありません。

父親の微熱は続き 陽性確認から10日後 タイミング良く近くの病院に別な病名で入院できました。

入院翌日の妹からのメールには 

「父親が甦った!! 食欲が出てきて回復に向っている。1週間程で退院する見込み」とありました。

その日は雪ちゃんの 退院予定日だったのですが 検査結果が思わしくなくて延期となってました。

差し入れの向かう車中で 嬉しい知らせを受け取りましたが その夜雪ちゃんは 何人もの専門医が首をかしげる程の高熱が出て 薬疹が出てしまいました。

妹の尽力で父親への想いが減り 心身への負担が楽になったものの 雪ちゃんの心配は増し 泣き叫ぶ我が子を見守る我が娘への切なさも増し 夜中に何度も目覚めてました。

 

コロナ禍の忙殺に追われ 幼い子どもの治療が後手に回ってしまう現在の医療体制ですが 原因が解らないなりの説明を患者側にしてほしい 早く適切な治療をしてほしいと願ってます。

 

 

親・娘・孫三世代 生命のせめぎ合い

前回の続き

 謎の高熱で入院中の孫・雪ちゃん(2才10か月)は 通常なら病院の盆休み中に 一時帰宅が許可される病例なのですが コロナ禍でそれが叶いません。

 

8月2日は 雪ちゃんの緊急入院知らせの1時間前に 仙台の介護施設に入所している父親(93歳)から 3年ぶりの生電話がありました。

馴染みのヘルパーさんに頼んで 電話を寄越したとのこと。

歯が抜けて 声帯も弱くなった父親の声を 上手く聞き取れなくても 私には充分過ぎる”父親の声”でした。

 

8月10日 雪ちゃんの熱が下がっても原因は不明のままで CRP値が高いとか。

会えない娘と孫のため 毎日のように差し入れを病院窓口に預け 帰路につく私たち夫婦の車中は 口数が少なくなってました。

そんな毎日が続いていた夜「父親が コロナ感染して高熱が出てる」と 父親の施設近くに住む妹から連絡がありました。

 

2011年の東日本大震災発生時 携帯電話を持っていない父親とは 連絡が取れずに五日目の朝 立ち寄った従妹の機転で ようやく生存確認ができました。

現在 父親の施設への対応は窓口家族のみで コロナ禍では窓口家族も面会禁止です。

父親の高熱は一喜一憂で スタッフも感染して 施設にクラスターが発生したらしく 電話問い合わせも人手不足の理由で断られたとか。

もしもに備えて 荷造りをしつつ コロナと戦う父親を応援してました。

 

母の危篤知らせも大型11連休GW直前で 今回の父親のコロナ感染知らせも 長い盆休み前でした。

札幌から仙台までの飛行機の空き状況を調べながら 私は幼い孫の健気さに心を痛めて 一方では病室で我が子に寄り添って 病と共に戦う長女の娘を不憫に思ってました。

父親と娘の誕生日は同じ日で 緊急帝王切開で生まれた孫の手術同意書は 全て私が署名。

隔世代間で交差する 奇妙な生命のやり取りに ”今私にできることは 何だろう”と自問しています。

 

nijinoringo.hatenablog.com

 

孫の雪ちゃんが 謎の高熱で緊急入院

 総合病院に緊急入院することになった孫の2才10か月の雪ちゃんは 1週間前くらい前から排尿の度に「お股が 痛~い!!」と言ってました。

保育園では トイレトレーニング用のパンツを穿いてるし 2才児クラスの皆と一緒にプール遊びもしていました。

札幌市内では 子どものコロナ感染者が増加していたのですが 熱が出て尿路感染を心配した長女は 雪ちゃんをはかかりつけ小児科に連れて行きました。

PCR検査は陰性と言われ 長時間車内で待ち「熱さましシロップと塗り薬」を処方されてましたが 一度下がった熱が4日後には高熱となり 再受診のためかかりつけの小児科を早朝予約時には既に満杯。

ようやく別な小児科を受診すると ”尿検の数値が高すぎる”と言われ 紹介状を持って臨床検査科がある総合病院に緊急入院。

 

そこもコロナ体制の影響で 詳しく原因を調べてくれるはずが 女乳幼児によくある尿路感染と思われた雪ちゃんは 検査や医師説明が後回となりとなりました。

雪ちゃんの付き添いは母親の長女のみが許可され 家族も面会不可。 

連絡手段はメールのみ。。。

 

入院2日目の夜9時頃 長女から「高熱と悪寒がまた来た」のメールが届いて驚き 震える手で「入院から30時間も経過して 画像も撮っているのに 医師からの具体的な病状説明も無く このまま夜を越せば 高熱が6日間も続いた幼い命が消えてしまう!!」と返信。

その後長女が スタッフにかけ合うと電話で医師が説明するから一転して 急遽病室に来て”腎盂炎”かも”と言われたと 後で知りました。

翌朝一番に画像検査をするが 午後の検査となって時間だけが過ぎ 雪ちゃんの病名は 尿路感染から腎盂炎と変わり 夕方には各専門医に相談した結果 急性細菌性腎炎となりました。

以後 疑わしき菌を封じる抗生剤を探りながらの投与治療となり 長期入院することになりました。

 

今日は小康状態ですが いつも元気で私の可愛い遊び相手の雪ちゃんが 突然入院して私は意気消沈しています。

でも本人・その母親・父親の気持ちを考えて 祖母の私は気丈なふりをして過ごしています。

 

入院中の長女と雪ちゃんの院内コロナ感染も心配だけど あれこれ考えてもキリが無く 雪ちゃんの命が助かったことを喜び 回復と退院に全力支援する覚悟でいます。  

 

nijinoringo.hatenablog.com

 

nijinoringo.hatenablog.com