虹の旅人

2011年3月11日 故郷が壊滅。 人生はNext Stageへ

侍ソウル

蝦夷地に伊達政宗様 見参!!

6月5日北海道白老町の「白老牛肉まつり」に、姉妹都市の仙台から見参してくださったのが、「奥州仙台・おもてなし集団 伊達武将隊」の方々です。

侍ソウル 伊達藩十八代当主 伊達康宗様  弐

の殿様~」と声を出しました。 何故かその声で 博物館から出て来た男の人と私、妹の3人が思わず、歩み寄る形になりました。 その男性は 「何故、たまたま外に出てきて、何故、月に数回しか来ないこの場所で・・・」とおっしゃり、私達姉妹が自分を知ってい…

侍ソウル 伊達藩十八代当主 伊達康宗様 壱

行列の先頭を歩く袴姿の集団の中に、凛と背筋を正した小柄な男性がいました。 厳粛な空気を一際辺りに放つそのお方こそが、伊達藩十八代当主・伊達 康宗様であり、宮城県一の宮塩竈神社氏子総代と知って、納得しました。 みちのく2月の厳寒の日、他の人達が…

侍ソウル 伊達藩11人衆

秋田県は三種町(元・八竜町)のの夕日です。生まれ故郷を離れて30年。自分のご先祖の地、伊達岩出山藩が隣町にあることを偶然を知り 宮城の伊達藩のこと色々調べて行くうちに たまたま知ったのがこの事件でした。同盟の調停に行ったのにその相手に寝込み…

侍ソウル 岩出山伊達藩家老 吾妻謙

人生ここに来て、自分のルーツを辿る旅や出逢いが、多くなっているのはなんなのでしょう。近所の図書館に行ったら目の前の本棚に、当別出身の本庄陸男著「石狩川」があり、手にしたらやはり岩出山藩士の開拓歴史を書いた上下巻の小説でした。 一気に読み終え…

侍ソウル 月の浦・支倉常長

伊達政宗の命により、支倉常長が船・サン・ファン・バウティスタ号を出帆させた場所は、宮城県石巻「月の浦」という小さな港です。その先には、東北三大霊場最後の場金華山があり、山頂には太平洋を一望できる「伊達政宗展望地」がありました。お仕えしてい…

侍ソウル 北海道当別・伊達邦直公

有備館より 戊辰戦争に敗れた岩出山伊達藩は、禄高を減らされ藩は困窮し 新天地を蝦夷地に求めて北海道開拓に岩出山伊達藩10代の若き当主 伊達邦直公に従い 第一陣藩士180名が入植しました。10年前に不思議な夢で呼ばれた以降、 私は岩出山に何度も …

侍ソウル 伊達政宗公と殉死した家来達

若い頃、青葉通りの欅並木を毎日見て過ごした私は、駅前から一直線に並ぶ欅の四季折々のエネルギーを浴びたくて、帰省の度にループルバスに乗ってました。杜の都仙台市内には 主な観光地を 一日700円で乗り放題で廻る、レトロな「ループルバス」が走って…

夢で呼ばれた 祖母の故郷岩出山  ~有備館~

私は夢の中で、十数年前から小さな城下町に流れる美しい水の堀の道傍を 何度も歩いていました。寝ているはずの意識で、この町は幼い頃に祖母に連れられて訪ねた「祖母の出身地」だと理解してます。祖母が亡くなりだいぶ年月が経ち、遠く離れた札幌の地で暮ら…