虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

「天使が遊ぶ庭」 ~山ツツジの植え替え~

 

~~小さな宿根草の庭に「天使が遊ぶ庭」と名付けた理由~~

私が生まれ育った実家には 亡くなった祖母が 代々霊能家系の生家が祀る駒形神社を勧請した大きな祭壇があり 三陸の人たちのために神仏を降ろして 託された言葉を伝えてました。 
2018年生家を取り壊した際に 祭壇も無くなりました。
 
その頃既に 私にも生粋霊能力があることを自覚していたのに 実家の神事を継げなかった無念さで 守護神様に問うと「形あるものは受け継がず 形の無いものを受け継けばいい!!」と伝えてくれたのです。
 
それならいつも見護ってくれる神様や龍神たちと 自宅の庭で対話しようと考えて
「どんな庭にしたら 神様と一緒にいられますか?」と 守護神様に問いかけると 上の方から「天使がーーー庭」と聴こえました。

よく聴きとれ無かったので 「天使が遊びに来る庭ですか?」と聴き返すと 苛立った声で再び上からぶっ!!」と 聴き取れなった箇所だけの訂正が入りました。

案内役の天使が遊ぶ庭であれば おのず・・・という訳で 神様の意図を汲み

『天使が遊ぶ庭と名付けました。 

 

祖母の隔世遺伝資質のインスピレーションで選んだ 宿根草を沢山植えたのに 庭の中央には40年前に誰からか貰ったか忘れた”山ツツジ”が居座わっていて どうも庭の見通しが悪いのです。
 
年期が入った山ツツジは抜かずに 開花期を終えてから移植するつもりが 「植え替え先をどこにするか」で迷い 浄めの水・塩・酒を供えて 守護神様に”神と意”しました。
 
すると神様が 「植え替え先は ツツジが自分で決めるから大丈夫!!」と軽~く答えてくれました。
「そんなことがあるのかなぁ」と裏庭に行けば 私が予定していた場所と違う場所が ポッカリ空いて輝いて見えて 山ツツジの移動先を示されました。
 
その場所は 裏庭だけど道路沿いで日当たりも良く 不審者の侵入を防ぐ 手作り小道脇の裏守り位置。
「目立ちたがり屋の山ツツジさんが 自分で居心地の良い場所を決めた。」と思わせるものでした。
   
 イメージ 2
 
イメージ 1