虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

札幌の夜桜

 本日私・虹りんご
は朝から珍しく 軽~くイジケテました。
 
宮城県気仙沼・鹿折地区の中学時代の同級生女子4人が 岩手県一関に引っ越した 私の親友の家で「お茶飲み会
」をするからです。
 
私も「呼ばれたかった~。行きたかったな。少し遠すぎるかな
」って・・・思ってました
 
 
今回集まった4人は東日本大地震当時 鹿折や気仙沼地区に住んでいて 全員が地震津波・延焼の三重被災しています。
 
震災後 気仙沼を離れて新しい町で暮らす3人と 市内の別な地区に引っ越した1人。
 
新しい生活を余儀なくされて2年が過ぎ 未曾有の大惨事を目の前で体験した同級生達が やっと気持ちと体を回復させた今 賑やかなにおしゃべりする様子が目に浮かびます。
 
 
皆の声が聞きたくて途中に電話をかけると 「藤棚を見に遠出したの~」と 明るい声が返ってきたので 私まで嬉しくなりました。
 
 
震災の前の年 私が同級生2人とお花見した気仙沼・大川の桜並木は 防災で河川拡張するから今年の桜を最後にして無くなります。 
塩害被害の少ない何本かの桜の木を移植保存し 将来は 新大川堤防に植え戻すみたいですが 私達の思い出話には あの日の「桜並木」が よく話題に出ます。
 
桜も藤も花は美しく 一人で愛でるのも 皆で愛でるのも 楽しいものなのですね


 
 
時の流れが癒してくれた 人それぞれの想いが感慨深く 綺麗な夕焼けに誘われて 虹りんごは札幌に咲く桜を 見に行きました。   ゆっくりでいいから 皆んなで前に進もうね

 
2010・5・5→ URL: http://blogs.yahoo.co.jp/applejikan/14351056.html
 
 
イメージ 1