虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

天地返し

  昨年は2011年の震災以降 雑草が伸びてジャングル化した庭に防草シートを敷いて 土が見える程度に復帰させました。
今年は[せめて夫の両親の仏壇に供える花は 自宅の庭で摘みたい」の思いで 宿根苗を買い足してました。
が その間に 私の存在を消されるような仕打ちが身内達からありました。
 
「毎日美味しく頂いている食べ物や 睡眠からなる 我が身の大切なエネルギーを散々使い切った相手に対して 更に怒りエネルギーを向けて 消耗したくない!!」し 「タイムオーバー」を感じて 静かにしてました。 
 
そんな思いを人に語った所で 「人・家・親 それぞれが違う環境と事情で育ったことを前提に 人の話を聞いて答えてますか!?」と言いたくなるので このようなことは 各々の都合と事情が異なって当たり前なので 庭作業に没頭してました。
 
レムリアの魂記憶なのか 元々植物を生き返らせるグリーンハンドの持ち主”と言われていた私は 土や植物に触れることで気持ちが落ち着きます。。。
 
 
「代々の霊能家が積み残した課題を 今生で清算して格上げをする。」 が魂テーマで あの家に生まれた私・・・。
そのことを神様から告げられて これまで献身的に努めてきたことが 結果的に身内から理解を得られなかった。
仕方がないこととはいえ あの家系がこのまま同じ過ちを繰り返す。その無念さが 私の中にまだ残っていたようです。
 
園芸本で見つけた”天地返しが気に入って作業してますが 養分を使い切った土を深く掘り起こし 粘土質の底土に 手でたい肥を刷り込んで混ぜ合わせる。 
今まで表面部になっていた土を底にして入れ替えて上下逆にする。 ただそれだけのこと。
 
庭の土のように 人生も楽しいことも苦労も 全て丁寧に混ぜ合わせて やがてその経験と智慧が人生の肥料となり より輝いた人生のエネルギーに変わる ”天地返し”をしたいものです。
 
イメージ 1