虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

北のアロマ ハッカ油

 私が先日旅行に行った北見市の名産が 天然ハッカ(ペパーミント)ということは あまり知られてないかと思います。
 
かつて世界市場の70%も生産していた時代もありましたが 合成ハッカの出現により当時の会社は閉鎖となりました。 翌年起業したのが「北見ハッカ通商」です。
 
 

北見行き高速バスの車内に「ハッカおしぼり」が置いてあり 夏の汗ばむ日なので使ってみたら ベタベタを払拭してくれてさっぱり感が残りました。 
車内も爽やかな香りが広がり 涼やかな気分
 
 
そんなこともあり北見のお土産のつもりで スースーしたハッかの匂いが好きな私は ホテルの売店でスプレータイプの「北のかおり・ハッカ油」を買いました。
 
イメージ 1
                                                                          ※  スプレータイプ ¥1080(税込)
 
しかし私と北見友人のHさんがドライブした
 自然の多い森林や湖の行き先々では 虫やら昆虫やら
が襲来して困惑しましたが 虫や昆虫が住む環境に足を踏み入れたのは 私達人間側ですから「我慢するしかないかな~」と思ったときに閃きました
 
 
数年前に ガーディニンングツアーに同行したアロマテラピストが 自分で作った「ハッカとレモンバーム液!?」を 防虫スプレーとして身体に降りかけてくれたたことを・・・。
 
そしてHさんと私が互いにハッカスプレーを身体に降りかけた以後は 虫が寄ってこなくなりました。
 
 
最近 道内の自然環境を保護する観光地では 合成防虫スプレーの持ち込みや使用を 禁止をしている所もあり そちら観光地ではこの天然ハッカ油が売られているみたいです。
 
 
娘・姫りんごは 「ハッカスプレーを 野外ライブに持参する」と言ってましたが 昆虫や小動物はスーッとするミントの刺激を嫌うようです