虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

龍もどき

 札幌は昨日から とうとう雪が降りました。 
雪は湿気を含んだ重い雪で 今では20㎝以上積もってます
イメージ 1
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~
友人のHさんかから聞いた話です。
精神世界を学ぶ知人が ”とあるセミナー”に参加して頭のチャクラから龍を身体に入れる儀式!?を受けて その後体調が悪くなったということでした。

 
宗教にも研究会に所属していない私は その類の情報に疎いのですが 体に龍を入れたくて自ら受け入れを 承諾する人がいることにビックリ
しました。
霊能力者という人が 龍を他人の身体に入れられることにビックリ
です。
人間の言う通りに龍が動いて スンアリ身体に入ることにビックリ
でした。


龍を身体に入れられた人を Hさんがボディヒーリングして 自分も具合が悪くなったという話の後に 私が視たビジョンは  宮城では”カナギッチョ”呼ばれる黄土色の1m2・30㎝の蛇が クネクネ逃げ出す後ろ姿でした。 

世の中にまさかの話が本当にあって驚きましたが そのセミナーでは 龍を身体に入れたのでは無く 小さな「龍もどきの蛇」を 身体に入れているのでは・・・と思います。


私は黄金龍神様のように 自ら「使い」と名乗る 神様にお仕えする格の高い龍神様や 土地の龍神のことを書いたことがあります。
 
昔 ある能力者に出逢ったとき 一言も発しない前に「金龍が一緒に来ているけど あなたは何者なの?私と同じ体質の人なの?」と聞かれたことがありました。
 
その後その能力者は 私を視た情報元で「パワースポットご参拝ツアー」を企画して商売していたので 龍に守護されることは 誰もが欲しがるものなのかもしれません。。。
 
現在は 龍が見える何人かの人達に「沢山の綺麗な龍神が後ろで護っている」と言われますが 龍神の他に 別な存在との繋がりもあるので 龍神だけの護りなのか 共に神様も護って下さっているのかを知ることが 大事なことと思います。
 
私が或る有名な能力者の方と対面した時には
私を護っているはずの黄金龍神様は 気配を消して現れず 「あなたには龍なんてついてません」と言われたことがあります。

そのくらい神格高い神様の使いの龍神は用心深く 相手を見極めてから姿を現します。

同じ龍神でも 神格に差があったり 使命や統治管轄が違っても 龍神の存在を現さない場合があるので  「黄金龍神が憑いていない」!!と言われたときは  「私が関わらなくて 良い相手だから!」の判断基準にしています。