虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

定山渓温泉 ぬくもりの宿 ふる川

現在札幌のコロナ感染は増加気味ですが 私が札幌から1時間弱の奥座敷定山渓温泉「ふる川」に宿泊したのは 感染者数が減少した頃 市民向けに「どこでも定山渓クーポン」が発行された直後。

老愛猫のりぃちゃん(15歳♀)がいるから 私たち夫婦が温泉宿泊するのは 無理だろうと諦めていたら 娘夫婦が「我が家に泊まって りぃちゃんを面倒みるから 行っておいで」と背中を押してくれました。

f:id:nijinoringo:20210420215040j:plain 

念願の「ぬくもりの宿 ふる川は」では 夕食の春の味を先取した 至れり尽くせりの懐石料理を堪能。 

朝食は今どき珍しい 料理人手作りの和食バイキングで もちろんコロナ対策も万全で 宿泊客は食事場所でも手袋・マスクは必須着用。 f:id:nijinoringo:20210420215219j:plain f:id:nijinoringo:20210420215247j:plain f:id:nijinoringo:20210420215318j:plain f:id:nijinoringo:20210420215343j:plain f:id:nijinoringo:20210420215445j:plain f:id:nijinoringo:20210420215518j:plain 

 

食事だけでも充分満足できたけど お風呂上りや夕食後に寛ぐランジングも充実していて ゆったりした時間を過ごせました。

 

私個人の贅沢時間は 女露天風呂でもそうだったし ”開祖・美泉定山”が湯守した壱の湯を再現した”ゆ瞑み”でも 誰にも会うこと無く貸し切り状態で入浴できたこと。

また「ふる川」に泊まりたいから 毎日を頑張ろう。

「ふる川」が出迎えてくれるから また気分転換に来よう。と思いました。