虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

「天使が遊ぶ庭」 ~レンガの小道編 1~

 北海道は11月に入り 雪の到来を待つばかりに。。。
 
これは2018年の春 雪が溶けた4月末から6月末まで約2か月かけて14mの”細くて長いレンガの小道”を一人で造った 62歳の私の作業記録です。                             
イメージ 1                                                             2018/4/03                                      
 
我が家の庭の「My ガーデン25年計画」は 2011年東日本大震災で被災した気仙沼の実家に何度も帰省してるうちに 雑草がボーボーのジャングル化が発端です。
 
自宅庭がジャングルとなっていても 時間と体力が無くてそのまま掘ったらかしにしていると 札幌郊外の住宅地だと言うのに ある日の午後 庭にキタキツネが出没しました。
ボーボーの草原が気持ち良いのか 「キタキツネが木の下で昼寝して行く事件」が起きて 「このままではいかん!!」と一念発起して動いたものの 数年の間は紆余曲折の庭作業でした。
 
 
     2013/5/30
 
 イメージ 1
2014/7/6
 
イメージ 1
  2015/5/26
 
 
現役のインテリアコーディネーターなのですが ガーディニングについては全くの素人です。
還暦過ぎたこの先の人生を ”何を趣味にして日々の暮らしを楽しもう”と考えて 築30年以上の家と シニア夫婦住人であることを踏まえて ローコスト・ローメンテナンスを最優先した見積りを 造園を業者さんに依頼すると体よく”現状維持”を理由にお断りされました。
 
私たち夫婦の25年後の寿命を考えれば 高額な資金を庭に捻出することは無理なことで それなら土いじりの苦手な夫をあてにせず 私がコツコツ”一人で 神様が名付けてくれた   「天使が遊ぶ庭」を ”自分で造ろう!!”と考えた次第です。
 
結果的に 作業終盤には通りがかりの人材センターの方から 「レンガ敷き技術と デザインセンスが良い。 一緒に働かないか」とスカウトされる程 腕を上げました。
 
前置きが長くなりました、
ともかくネットや本を調べても 素人が庭にレンガを敷く基本作業や手順が無くて ノウハウ情報が欲しい私は困りました。
 
苦労をした経験上 参考になりそうな画像をUPしておこうと思います。
 
~~小さな宿根草の庭に「天使が遊ぶ庭」と名付けた理由~~
私が生まれ育った実家には 亡くなった祖母が 代々霊能家系の生家が祀る駒形神社を勧請した大きな祭壇があり 三陸の人たちのために神仏を降ろして 託された言葉を伝えてました。 
2018年生家を取り壊した際に 祭壇も無くなりました。
 
その頃既に 私にも生粋霊能力があることを自覚していたのに 実家の神事を継げなかった無念さで 守護神様に問うと「形あるものは受け継がず 形の無いものを受け継けばいい!!」と伝えてくれたのです。
 
それならいつも見護ってくれる神様や龍神たちと 自宅の庭で対話しようと考えて
「どんな庭にしたら 神様と一緒にいられますか?」と 守護神様に問いかけると 上の方から「天使がーーー庭」と聴こえました。

よく聴きとれ無かったので 「天使が遊びに来る庭ですか?」と聴き返すと 苛立った声で再び上からぶっ!!」と 聴き取れなった箇所だけの訂正が入りました。

案内役の天使が遊ぶ庭であれば おのず・・・という訳で 神様の意図を汲み

『天使が遊ぶ庭と名付けました。

                                       

                                 ~~~つづく~~~~~