虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

「天使が遊ぶ庭」 ~レンガの小道編~ 2

 昨年10月15日に 愛猫・夢々君を享年20で見送った私は ”夢々君ロス”となり 手慰みに白砂利で仮の小道を作りましたが 雪が降り始めて2017年の庭作業は終了です。
 北海道の”花好き人”は 長い冬の間 春に向けてガーデンの構想を練りますが 私も同じく 「天使が遊ぶ庭」作りを始めるにあたって目に入ったのが 札幌市主催の「花と緑の会」のガーデニング講座パンフレットです。
カリキュラムの中に ガーデニングデザイン2時間×2回 土地の環境や条件 依頼主の意見を考慮した「ガーデン計画のグループワーク」がありました。
 道内で有名な園芸デザイナーが講師をお招きした講座です。
 
ガーデンデザイン講座の終了後 講師の方に15分間だけ時間を頂き 私が引いた庭のデザイン図と画像等を見て貰い 適格なアドバイスを手短に貰いました。
イメージ 4
      デザイン ・ 細くて長い庭なので レンガ小道は大胆なレイアウトにすること。     
        ・ 均一化にせず 変化と遊び心を出すこと
 
作業    ・ レンガ+路地砂(4~6cm)の土を 掘り下げる
                   ・ カーブのラインは特に美しく仕上げる
                   ・目地砂を用意する etc
 
最後に 「女一人で 15mのレンガ小道の作るつもりですが 大丈夫でしょうか ?」と質問すると 
同世代の女性講師が 多分ワーク中の私の動きを見ていたのでしょうか。
「インテリアコーディネーターのあなたが 一人で仕上げる方が案外作業がはかどり 綺麗に仕上げられますよ。」と にこやかに答えてくれました。

イメージ 2                                                   2018・4・27   
・ レンガ小道を作る上で 我が家の庭の最大ネックは 目立つ場所に下水マンホールが2つあること。
・ 経年32年の土地の水平・垂直の”グランドレベル”は動いていて 水糸を張って測りました。 
奥に見える透明ホースが水糸。
 
イメージ 3
                                                        2018・4・30
レンガ厚9・5cm+砂利4cm=13・5cmを掘る作業は 娘の旦那さんと夫が 少し手伝ってくれました。
経年で捻れた4M×15Mの細長い土地のグランドレベルの測量を 最初にきちんと測ってなっかたので 土地の手前と真ん中 奥側のグランドレベルが上手く繋がらず 2・3回砂利とレンガを敷き直し。
 
土地の癖を知ってレンガを敷かなければ 綺麗な仕上がりにならないことは知っていても 1人コツコツ敷いたレンガを 傾斜カ所で何度も敷き直す作業は辛かったです。

挫折寸前の頭の中では「購入した大量のレンガで ピザ釜なら何軒分作れるか・・・」なんて考えてました。 

 

~~小さな宿根草の庭に「天使が遊ぶ庭」と名付けた理由~~
私が生まれ育った実家には 亡くなった祖母が 代々霊能家系の生家が祀る駒形神社を勧請した大きな祭壇があり 三陸の人たちのために神仏を降ろして 託された言葉を伝えてました。 
2018年生家を取り壊した際に 祭壇も無くなりました。
 
その頃既に 私にも生粋霊能力があることを自覚していたのに 実家の神事を継げなかった無念さで 守護神様に問うと「形あるものは受け継がず 形の無いものを受け継けばいい!!」と伝えてくれたのです。
 
それならいつも見護ってくれる神様や龍神たちと 自宅の庭で対話しようと考えて
「どんな庭にしたら 神様と一緒にいられますか?」と 守護神様に問いかけると 上の方から「天使がーーー庭」と聴こえました。

よく聴きとれ無かったので 「天使が遊びに来る庭ですか?」と聴き返すと 苛立った声で再び上からぶっ!!」と 聴き取れなった箇所だけの訂正が入りました。

案内役の天使が遊ぶ庭であれば おのず・・・という訳で 神様の意図を汲み

『天使が遊ぶ庭と名付けました。