虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

三陸 気仙沼

 故郷気仙沼が、本日2時46分の震度7 M9.2の地震で壊滅状態。
 
気仙沼に独り暮らす老父親と連絡がつかない。
さっきも公衆電話から連絡したけど、つながらない。
父親の安否を聞こうと、近所・友人全てに電話をするけど、つながらない。
 
 
気仙沼の船着き場が、津波で流されていた。
 
鹿折のコの字岸壁の海が、燃えていた。
 
おじいちゃん!!どうか、避難していて下さい。
 
飛行機で駆けつけようとしたけど、仙台空港冠水で閉鎖。
不甲斐ない娘はテレビのニュースを見て、ただ心配するだけ。
 
生きていて。