虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

復興支援「中垣 哲也のオーロライベント」報告  in 三陸

 今年2011年の漢字が 「絆」に決まりました。

半年間「虹の旅人」ブログで告知していた 故郷の復興支援企画を終え 改めて絆の大切さを感じています。
 
「中垣 哲也」のチャリティーオーロラビジョンイベント 報告です。
      中垣 哲也「オーロラダンス」HP   http://www.aurora-dance.com/
 
イメージ 1
 
 
12月6日 南三陸ホテル観洋              開演PM5:00~
 
当ホテルも被災しながら 迅速に建物を修繕し 沢山の方々を避難所として迎え入れました。
 
イメージ 2
見渡す限りの瓦礫と残骸を見た後の 美しい志津川湾を眺めるホテルロビーは 異空間そのものです。
  
 
イメージ 3
 
 
 イメージ 7
オーロラビジョンの素晴らしさに 感動するスタッフの方。
 

~~12月7日 南気仙沼小学校1~4学年(仮)気仙沼小校舎)  AM9:35~ 
 
イメージ 4
市内で最も気仙沼湾に近く 逆流した大川の隣に建っていたのが 気仙沼南小学校。
 
三陸新報社出版の津波記録本「巨震激流」に載る、防風頭巾の南小の子供たちの姿が忘れられません。
 
会場は暗~く 暗~くがオーロライベントの原則なので、受け入れ側のご協力が必要です。 
イメージ 5
私は 何十年ぶりで食べた学校給食です。
どうもご馳走様でした。
 
 12月7日 鹿折地区 東中才振興会館             PM4:00~ 
イメージ 6
九州から三陸入りした中垣氏の2011年オーロライベント最終地 興福寺前の東中才振興会館です。
 
境内には10月頃咲く「冬桜」が 季節外れの12月に咲いてました。
 
3月11日東日本大震災が発生し 避難所指定だった鹿折小学校が津波で冠水したため、この会場が急遽学童や被災者の避難所になりました。
 
その時食糧や暖房を提供して下さった方々に 集まって頂きました。
 
震災時札幌近郊に嫁ぐ同級生に連絡を取り 彼女の実家の興福寺さんに 虹りんごも支援物資を送っていました。
 
 ようやく 最後に決まったイベント会場が 興福寺さんとは・・・ミラクルな展開にビックリ。
  
 地元から 遠方から色々な形で 支援して下さった同級生の方々。
自分のブログでイベント告知して下さった 気仙沼ジャンさん。                            http://blogs.yahoo.co.jp/kesennumajan99/54250445.html
 
そして 大自然の素晴らしさと過酷さを 真正面から伝えてくれた中垣哲也様。
 
目に見えない「絆」に支えられて 無事終了しました。 
皆様に 感謝しております。 
                               
虹りんご